gaYa広告

2017年02月06日

古代の開拓跡か?アマゾン熱帯雨林に謎の円形溝。

超過去

AFPは2017年02月07日に、南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林は、1492年のヨーロッパ人による南北アメリカ大陸入植のはるか以前から、数千年にわたって先住民により手が加えられていたとする研究論文が、発表されたと報告した。

ブラジルの一部地域から、円形の溝などが多数発見された。

これまでに確認されている円形の溝あるいは地上絵(geoglyph)の数は数百に上る。
作られた目的は不明だが、ここで何らかの儀式が行われていた可能性もあるという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

研究論文は、米国のPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/科学アカデミー紀要)に掲載された。

Impact of pre-Columbian “geoglyph” builders on Amazonian forests
PNAS 2017 ; published ahead of print February 6, 2017,
Jennifer Watlinga,b,1,
José Iriarteb,
Francis E. Maylec,
Denise Schaand,
Luiz C. R. Pessendae,
Neil J. Loaderf,
F. Alayne Street-Perrottf,
Ruth E. Dickaug,
Antonia Damascenod, and
Alceu Ranzih

aMuseum of Archaeology and Ethnography, University of São Paulo, São Paulo 05508-070, Brazil;
bDepartment of Archaeology, College of Humanities, University of Exeter, Exeter EX4 4QE, United Kingdom;
cDepartment of Geography and Environmental Science, School of Archaeology, Geography and Environmental Science, University of Reading, Reading RG6 6AB, United Kingdom;
dDepartment of Anthropology, Federal University of Pará, Belém 66075-110, Brazil;
eCentre of Nuclear Energy in Agriculture, University of São Paulo, Piracicaba 13416-000, Brazil;
fDepartment of Geography, College of Science, Swansea University, Swansea SA2 8PP, United Kingdom;
gHD Analytical Solutions, Inc., London, ON M5H 1V3, Canada;
hLaboratory of Paleontology, Federal University of Acre, Rio Branco 69916-900, Brazil

Edited by James O'Connell, University of Utah, Salt Lake City, UT, and approved December 28, 2016 (received for review August 27, 2016)

Published online before print February 6, 2017,
doi: 10.1073/pnas.1614359114
PNAS February 6, 2017

ブラジル西部アクレ(Acre)州の約450の地上絵や溝は、近年の森林伐採とその様子を撮影した航空写真が手掛かりとなって発見された。

論文の主執筆者で、ブラジル・サンパウロ大学(University of Sao Paulo)の考古学・民族誌学博物館(Museum of Archaeology and Ethnography)の研究員ジェニファー・ワトリング(Jennifer Watling)博士は、「このような場所が、生い茂る熱帯雨林の下に何世紀もの間、隠されていたという事実は、アマゾンの森林が『原始のままの生態系』であるという考えに大きな異議を唱えている。」と語った。

この地域で考古学者らが見つけた遺物は非常に少ない。また1万3000平方kmにわたって見つかったこれらの構造物が、村や防衛目的で築かれたものとは考えにくい。研究チームは、人が竹林を開拓して小さな空き地を作ってそこにヤシなどの植物を持ち込み、利用価値の高い特産物を扱う『先史時代のスーパーマーケット』のようなものだった可能性もあると述べている。

研究は、最先端の技術を使って再現した約6000年分の植生モデルや、溝/地上絵2か所の周辺での森林火災の記録を基に進められたと伝えている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告