2017年01月28日

目指せ!有人動力飛行機世界一周!かっこよすぎる高校生!

未来

毎日新聞は、名古屋市中川区にある名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒が1人乗り動力飛行機を作り、津市香良洲町の民営飛行場で2017年1月28日に、試験飛行に臨んだと報告した。

「日本の飛行機の父」と呼ばれる明治時代の航空機研究家二宮忠八が考案した機体を参考に製作したもので、1mほどの高さを約70m飛んだ。

高校生が有人の動力飛行機の飛行に成功するのは全国でも珍しいと伝えている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2010年に当時の生徒らが製作を始めた。2012年に初号機を作ったが、機体が重くて飛行を断念した。

その後も後輩らが有人飛行の夢を引き継ぎ、名古屋市科学館や機械加工メーカーなどの協力も得ながら軽量化を図ってきた。

卒業生を含め40人以上が関わったと話している。

今回の機体は重さが174kgで、初号機の半分程度に抑制。
全長5.8m、幅9.5m、高さ2.9mで、既製品の500CCエンジンを搭載している。
機体設計で参考にしたのは、ライト兄弟が初めて有人動力飛行に成功した10年前の1893年に二宮忠八が考案した「玉虫型飛行器」で、プロペラを機体後部に配置し、翼が上下に二つある「複葉機(ふくようき)」であることが特徴であった。

飛行機の操縦は、同飛行場所有者で操縦資格を持つ津市の63歳武鹿(ぶしか)照英が担当した。
海からの横風が吹く中、高さを抑えながら飛行すると約100人の関係者から拍手と歓声が上がった。同好会の部長3年の中西亮太は「飛行機が作りたくて同好会に入った。飛んだ時はうれしくて言葉が出なかった」と感激した様子で話した。

いっそ、日本人が世界で初めて作ったICBM風船爆弾と組み合わせ、有人動力飛行機での世界一周を目論んで欲しい。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告