on-the-time.jp

2017年01月21日

ローマ法王「ポピュリズム」を警告!

AFPは2017年01月22日に、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は、ポピュリズム(populism/大衆迎合主義)は、ナチス・ドイツ(Nazi)の独裁者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)のような「救世主」を生み出しかねないと警告したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)が米国大統領に就任した翌日、スペインの全国紙「パイス(El Pais)」とのインタビューでフランシスコ法王は、国境に壁や鉄条網を張り巡らせて外国人を締め出すという考え方を批判した。

法王はヨーロッパにおけるポピュリズムの例として1933年のドイツに言及した。「ドイツは、ドイツのアイデンティティーを取り戻せる指導者を指導者を求めていた。そこに『私ならそれができる』と言ってアドルフ・ヒトラーが現れた」「ヒトラーは指導者の座を盗んだのではない。彼はドイツ国民によって選ばれ、そしてドイツ国民を破滅させた。」と述べた。

その一方で法王は、トランプ大統領について判断を下すのは時期尚早だとし「彼がすることを拝見しよう。判断するのはそれからだ」と語った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告