2017年01月21日

トランプ大統領、就任開け初日、CIA本部を訪問。

政治

AFPは2017年01月22日に、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は2017年01月21日に、バージニア(Virginia)州の米国CIA(Central Intelligence Agency/中央情報局)本部を訪問し、職員らを前に「私は1000%、あなた方と共にある」と述べるなど関係修復に努めたと報告した。

CIAは先に、ロシアが米国大統領選に介入してトランプを後押ししたと発表したが、トランプはCIAの見解を否定していた。

ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)は、米国大統領選での敗北は「FBI長官のせい」と言った。

CIAは味方だったと言いたいのだろうが、ドナルド・トランプは動いた!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

だが大統領としての本格的な公務初日となった2017年01月21日に、トランプはCIAとの間にくすぶっていた緊張の緩和に向けて迅速に動いた。トランプはCIA職員らを前に演説し、「私はあなた方が大好きだし、敬意を抱いている。」と語りかけた。

イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」への対処について「われわれの波長は皆、ぴったり合っているだろう?」「われわれは真の実力をまだ出し切っていない。ずっと抑制されてきたからだ。われわれはISIS(イスラム国の別称)を排除せねばならない。」などと語った。

政権交代に伴い20日に退官したジョン・ブレナン(John Brennan)前CIA長官は在任中の2017年01月15日、米国FOXテレビの報道番組「フォックス・ニュース・サンデー(Fox News Sunday)」の中で、トランプは発言に「規律」が必要だと述べ、「彼(トランプ氏)がロシアの能力や意図、行動を完全に理解しているとは考えられない。」などとトランプを厳しく批判していた。

一方のトランプも米国の情報機関をナチス・ドイツ(Nazis)に例え、ロシアがトランプのイメージを損ねるわいせつな個人情報を収集していたなどという根拠のない情報を流出させたのはブレナンだった可能性があるなどと非難していた。

トランプはCIA長官に53歳のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)下院議員を指名したが、この人事はまだ上院の承認を得ていない。ポンペオは外交政策ではタカ派と目されており、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権を厳しく批判してきた。

2016-12-29---史上最大のサイバー攻撃スキャンダル!
2016-11-12---クリントン、米国大統領選での敗北は「FBI長官のせい」と言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告