2017年01月21日

小池知事の政治塾、都議選候補に300人合格。

人物政治

日本経済新聞 電子版は、東京都の小池百合子知事が設立した政治塾「希望の塾」の都議選向けの講座に、約300人の塾生が合格したことがは2017年01月21日、関係者への取材で分かったと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

塾を運営する政治団体「都民ファーストの会」は2017年01月23日にも、現職都議ら4人を都議選の第1次公認候補として発表すると言っている。

現職都議らが第1次公認候補では、合格した約300人の塾生は、捨て駒の可能性がある。

4人は昨夏の都知事選で小池百合子を支援した都議3人と、豊島区議1人で、小池百合子知事は都議や塾生らから30〜40人規模の候補者擁立を目指していると言っている。

希望の塾の「都議選対策講座」には、塾生約千人が受験した。2017年01月07日に実施した筆記試験の結果などを基に、小池百合子知事や都の顧問を務める上山信一慶応大教授らが約300人を選抜した。塾関係者によると、面談などでさらに候補者を絞り込み、公認候補を順次発表していくとしている。

つまり、任意ではなく。小池百合子知事に協力した人、ゴマをすった人を優先することだろう。そのほとんどは、高いkaneを払ったピエロの捨て駒になる。

いかにも政治家の考える安全策!

4500人超から、30〜40人。最初からの支援者を引くと、さらに少ない!他の塾受講料は、個人の懐を温めている。

貧乏人からかき集めたお金は、あの派手な最悪のセンス服やアクセサリー購入資金になった。

やっぱりやめてよかった。

2016-12-25---悪名高く!冗談のようなオランダ極右が第1党か?!
2016-11-12---小池塾で、石原慎太郎の嘘を暴く!?
2016-11-12---小池知事、政治塾で「都議会が分断図るかのような動き」
2016-11-02---元セックス・スキャンダル党党首橋下徹に、小池塾で「ぜひ講師を」?
2016-10-30---小池百合子都知事、塾長になる!
2016-10-28---小池政治塾は、4500人超!
2016-10-21---ゴミから作る金メダル!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。