2017年01月21日

韓国の歴史上で、日本を軽視した時に何が起きたか?

教育研究調査

朝鮮日報日本語版は、鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員のコラム「韓国の歴史上、日本を軽視した時に何が起きたか」を紹介した。

鮮于鉦が、日本について学び直す必要を感じたのは、10年ほど前に日本古代の中心地である奈良を訪れた時だったと報告している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それまで、日本の古代文化は韓半島(朝鮮半島)文化の複写版だと思っていた。
実際には違った。
古代の中心舞台に近づくにつれ、姿は変わった。
直接貿易で中国の文化を猛然と吸収し、一方で朝鮮半島の痕跡は薄くなったのが見て取れた。
首都を京都に移してから、日本は独自に発展を遂げた。奈良と京都を5-6回ずつ訪問し、近代の西洋人たちが日本に夢中になった理由が分かった。
日本を軽視する先入観のせいで、自分だけがこの文化を無視していたにすぎなかったと伝えている。

これは、遣唐使や遣隋使などのことだろう。

約600年前の朝鮮王朝時代に作成された「混一疆理(きょうり)歴代国都之図」という世界地図がある。
さまざまな地図をつぎはぎした雑なものだが、欧州や中東、アフリカまで描かれている。

当時の知識人が描いた国の大きさは、実際の大きさとは異なる。自身たちにとっての重要度に応じて描いたと言えそうである。中国が最も大きく、その次は朝鮮で、この二つが世界の半分以上を占めている。
日本は実際よりも遠く離れた場所に、朝鮮の4分の1程度の大きさで描かれている。当時の知識人たちは日本を、裸で刀を振り回しているような野蛮な国と認識していたようである。

朝鮮が日本の国力をおぼろげに理解したのは、苦難を経験した後だった。

16世紀末の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)だ。
戦乱の中で捕虜として日本へ連行され、日本に初めて朱子学を伝え、後に朝鮮に戻った儒学者の姜沆(カン・ハン)が日本の実情を朝廷に伝えようと書いた報告書「看羊録」は、「倭国の大きさを語るとき、わが国ほどではないとしていたが、そうではなかった。戦乱の時に倭人が朝鮮の土地台帳を全て持ち帰ったが、日本の半分にもならなかったという。」

「看羊録」は、朴 鐘鳴 訳注版が、平凡社から東洋文庫 440として、「看羊録―朝鮮儒者の日本抑留記」が出版されている。

2017-01-02---韓国公州の高校生1400人が、日本の「百済歴史探訪」で来日!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。