gaYa広告

2017年01月13日

ソニーのエンタメ部門トップを退任し、米スナップ会長に転身。

経済人物

日本経済新聞 電子版は2017年01月14日に、ソニーは、映画・音楽事業を統括する担当執行役でソニー・エンタテインメント最高経営責任者(CEO)のマイケル・リントン(Michael Lynton/1960 - )が、2017年02月02日付で執行役を退任する人事を発表した。

マイケル・リントンは急成長する写真・動画共有アプリ「Snapchat」を運営するカリフォルニア州のスナップ(Snap)の取締役会会長に転身すると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

マイケル・リントンは今後6カ月間、ソニー・エンタテインメントに共同CEOとして残り、暫定的に同社の共同CEOに就くソニーの平井一夫社長とともに後任の人選にあたる。

マイケル・リントンは2004年にソニーの映画部門であるSPE(Sony Pictures Entertainment/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)会長兼CEOに就任した。2012年からはソニー・エンタテインメントCEOに就任し、担当分野を音楽事業にも広げた。

在任中はエンタメ事業の分離を求める米有力ファンド、サード・ポイント(Third Point LLC)との対決や、2014年11月に発生したSPEへの大規模なサイバー攻撃など数々の難局を切り抜けた。ただ、最近は映画のヒットに恵まれず、経営陣の刷新を求める声が出ていた。

ソニーの映画事業を巡っては、売却のうわさが常につきまとっているが、ソニーの平井一夫は声明で「ソニーの未来にとって、エンタテインメント事業は不可欠な領域と考えている.」と明言した。売りに出す考えがないことを改めて強調した。

マイケル・リントンはスナップの初期の投資家の1人で、創業者のエバン・スピーゲル(Evan Thomas Spiegel/1990 - )と長い交友関係がある。マイケル・リントンは声明で「今後の成長を考えると、今がスナップの取締役会会長の職務に注力するタイミングだと判断した。」と述べた。

2014-07-31---資金提供する会談でSnapchatはUS$100億の評価を受けた。
欧米を中心に若者の間で人気の高いスナップは、今春にも新規株式公開(IPO)するとみられている。上場時の時価総額はUS$250億(約2兆8600億円)規模になる見通しで、久々の大型IPOとして注目されている。

つまり、雇われ社長から、IPOの巨額CEOに転身!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告