gaYa広告

2017年01月14日

岐阜県山県市の養鶏場で、鳥インフル・ウイルス検出!

自然健康

毎日新聞、中日新聞、NHKは2017年01月15日に、岐阜県山県市の養鶏場で死んでいた鶏の遺伝子検査をした結果、高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したと発表したと報告した。

遺伝子検査に先立つ簡易検査で陽性反応が出ていた。県はこの養鶏場で飼育している約8万羽を全て殺処分するほか、現場から半径3km圏内にある他の養鶏場にも立ち入り検査する方針を伝えている。

私の知人も岐阜県で養鶏場を経営しているが、心配である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

名古屋市の東山動植物園で飼育していた鳥が高病原性鳥インフルエンザに感染し、休園問題に発展したが、家きん類が感染したのは中部3県(愛知、岐阜、三重)の家きん類で今季初めてで、全国ではこれまでに北海道や新潟、宮崎県など計7カ所の農場で高病原性の鳥インフルエンザが検出されている。

一方、岐阜県では過去に野鳥類の感染例はあるが、家きん類は初めてと話している。

岐阜県によると、2017年01月14日午前8時23分ごろ、養鶏場の獣医師から「100羽以上の鶏が死んでいる」と県に通報があった。
生後45日程度の幼鳥という。県の中央家畜保健衛生所が現地で7羽を簡易検査したところ、死んだ5羽と、生きている1羽の計6羽から陽性反応が出た。

このため遺伝子検査を実施し、2017年01月14日夜、高病原性と判明した。
岐阜県は家畜伝染病予防法に基づき、半径3km圏内にある他の4養鶏場(飼育数は計約8万羽)に対し、鶏や卵の移動を制限した。3〜10km圏の12養鶏場には圏外への搬出を禁止した。

殺処分は24時間以内に完了させる。

岐阜県の上手繁雄副知事は「最悪の事態に備えて十分な態勢を取ってほしい。情報を共有して速やかに対応してほしい。」と指示した。

岐阜県山県市は、昭和36年に5人の共同養鶏場としてスタートした(株)山田養鶏が紹介されている。
昭和41年ごろから経営環境が厳しくなり、共同経営者が次々と手を引き、昭和43年に山田勝茂さんが引き継いだ後、平成
23年、法人化した。山田社長によると、国内で数パーセントしか飼育されていない 純国産鶏「もみじ」を1万8千羽飼育していることが、最大のこだわりで、この鶏は、国内で唯一育種改良されている鶏で、体が大きく日本の気候や風土に適しており、育てやすいという特徴があ流と伝えていた。

ただし、この(株)山田養鶏から、高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスを検出されたかどうかは分からないが、立ち入り検査の対象である。

岐阜県山県市は、南北に長い市なので、養鶏によっては他の市にも影響するかもしれない。

この他にも、岐阜県山県市には、
高井寛之
有限会社武藤ファーム
大桑農場
大桑農場高富センターがある。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。