2017年01月14日

日本のお灸が、アフリカで大活躍!

健康美容と医学の科学

毎日新聞は、アフリカで結核により毎日約2000人が亡くなるとされ、英国のチャリティー団体「モクサアフリカ(Moxafrica)」が日本のお灸(きゅう)に着目し、治療に伴う薬の副作用を和らげるのに活用していると報告した。

日本で戦前に行われていた研究を基にしており、現地の大学と協力して感染拡大防止の効果を調べる臨床研究も進めている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

結核は、世界でエイズに次いで死亡者が多い感染症で、WHO(World Health Organization/世界保健機関)の推計で年間約150万人が死亡している。特にアフリカは人口当たりの新規患者数が多く、エイズウイルスとの重複感染や主要な薬が効かない多剤耐性結核の広がりも対策を難しくしている。

モクサアフリカは、お灸に使う「もぐさ(百草)」が名前の由来で、英国の2人のしんきゅう師マーリン・ヤング(Merlin Young)、ジェニー・クレイグ(Jenny Craig)が2008年に設立した。米国のしんきゅう師免許を持つ日本人の伊田屋(幸子(Sachiko Itaya)も参加している。

代表理事のマーリン・ヤングらは、抗生物質が今のように普及していない1930年代に、灸に関する論文などを残した原志免太郎(Shimerato Hara)医師(故人)が結核治療に取り入れる研究をしていたのを知り、アフリカで活動を始めた。

まず、ウガンダや南アフリカで、看護師らに結核の治療薬を服用中の患者らへのお灸のやり方を指導。約半年間飲み続けなければならない薬には関節痛や食欲不振などの副作用があるが、お灸で症状が緩和する傾向がみられた。

2012年からは、ウガンダの大学と共同で、お灸の効果を科学的に調べる研究も始めた。180人の結核患者を対象に、治療薬の投与のみと、治療薬にお灸も加えたグループの経過を比較したところ、お灸をした患者の方が結核菌を排出して他人に感染させる期間が縮まった割合が高く、関節痛も減らせた。免疫力が高まったためと考えられるという。

マーリン・ヤングは「お灸は安価で水も電気も要らない。さらに研究を続けて困っている人を助けたい」と話してる。

日本には、御嶽山に「日野百草丸」というのがあり、祖祖母が御嶽山の信者で、子供の頃から何かあるとのまさせられていた。

もぐさ(艾)は、主に灸に使用されるヨモギの葉の裏にある繊毛を精製したもので、ローマ字表記は「moxa」として取り入れられている。
また、実家の近くでは「伊吹もぐさ」「せんねん灸もぐさ」が知られ、母親が使っているのを見て、熱そうで逃げたことがある。とくにオネショをすると、「灸をする。」と言われた。

また、最近では「もぐさ」を使った「ホクロやイボの除去」が話題になっている。
ただし、「もぐさ」と「ホクロ除去用もぐさ」では、値段が10倍も違うのは何故か不明。また、失敗例もある。
また、自分で「もぐさ」を作ってしまった人もいる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告