on-the-time.jp

2017年01月14日

ドイツも寒い!キツネも凍った。

自然

AFPは、南ドイツを流れるドナウ川で、落ちて凍ったキツネを、氷の塊ごと切り出されたと報告した。

寒波に見舞われてるドイツ南部フリディンゲン(Fridingen)でキツネが薄い氷が張っていたドナウ(Danube)川に落ちて溺れた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

キツネは氷漬けになった状態で見つかり、氷の塊ごと切り出された。
このニュースは最初にシュバビッシェ・ツァイトウング(Zuerst hatte die Schwäbische Zeitung)で報告され、世界中が飛びついたと報告している。

最初は、耳だけが出ていた。

私は、南ドイツのキムザー湖の湖畔プリーンという町に住んだことがあり、真冬は真っ白になり、そこを鹿が飛び跳ねているのをよく見た。

近くをドナウ川が流れていたが、3mくらいまで育ったイトウやカワカマスが捕れると聞いたことがあるが、狐は知らなかった。

フリディンゲン(Fridingen)の緯度、経度
48°01'14.0"N 8°55'58.0"E
または、
48.020556°, 8.932778°

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告