2017年01月13日

佐川身代わり出頭で、62人を立件!立法府の責任でもある。

未来

毎日新聞は、東京都江東区の宅配大手「佐川急便」東京営業所で運転手の駐車違反を隠すため、身代わり出頭が行われていたとされる事件で、警視庁交通捜査課は2017年01月13日に、2013年12月〜2016年07月に同営業所で33件の身代わり出頭を確認し、27〜62歳の62人を立件して捜査を終結したと発表した。うち35人が同営業所の社員だったという。

宅配事業者は、現行法で、不可能になり始めているのかもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

同課によると、犯人隠避や同教唆の容疑で6人を逮捕、56人を書類送検した。全員が容疑を認めているという。

6人を逮捕、56人を書類送検などするな!

日本が先駆けになった宅配事業を立法府は、ダメにしようというのか?

形式主義者のバカ!

宅配事業のおかげで、世界の流通が変わった!

同営業所では、同期間にトラックの駐車違反が48件摘発されており、約7割で身代わり出頭が行われていたことになる。
他の営業所では同様の不正は確認されていないという。

最近では、リヤカーや荷車を多く見受けられるようになり、その努力はすごいと思うが、立法府は事業内容によって対応できる法律を作るべきで、それをしない立法府は、不適格である。

例えばドイツでは、ワイン・フェストの周囲では、飲酒の取り締まりや罰金は請求しない。
その代わり、事故を起こさないように厳重注意し、もし事故を起こすと、通常の倍額の罰金が科せられることもある。

例えば、宅配事業者は、身体障害者と同様に、駐車違反は免除されるが、交通の邪魔になる場合は、外にボタンがあって運転手を呼び出せるようにする。
それが長時間に解決できない場合は、強制撤去や罰金刑にするが、免許の取り上げは営業に影響するのでしないし、前科にもならない!などといった頭の柔らかい対応が必要である。

もし、宅配事業者の経営が止まったら、困るのは政治家ではなく、国民である。

東北大震災で、最初に利用可能にしたのは、宅配事業者であった。
その事業者をいじめて喜ぶ警察や政治家なら、お前らが無料で荷物を運べ!

2011-03-22---佐川急便が、被災地での「営業店止めサービス」を地域限定で再開!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト