on-the-time.jp

2016年12月10日

ラスコー洞窟壁画の芸術センター完成。

超過去アート

毎日新聞、ArtDailyは2016年12月12日に、仏南西部ドルドーニュ県の世界遺産で、約2万年前に描かれたラスコー洞窟(Lascaux caves)壁画を復元した「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」が完成し、2016年12月10日にオランド仏大統領(French President Francois Hollande)らが出席して落成式典が行われたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

壁画は1940年に発見され、一般公開されたこともあったが損傷が進み、1963年から非公開になった。1983年に壁画を再現した展示施設が洞窟近くに開館したが、完全な壁画の復元ではなく、周辺環境に影響を与えているとの指摘も出され、フランス政府などが洞窟から更に離れた場所に同センターを建設した。

施設内には、全長150mの洞窟が3Dの最新技術で原寸大に複製されている。一般公開は2016年12月15日からになる。

施設を見学したオランド大統領は「複製の域を超えた芸術だ」と評価した。式典には、友人とともに13歳で壁画を発見した89歳のシモン・コアンカス(Simon Coencas)も招かれた。

ラスコーの洞窟(Lascaux caves)がMarcel Ravidatと彼の犬Roboによって、ラスコーの洞窟の入り口が発見されると、彼と友人のGeorges Agniel、Simon Coencas、Jacques Marsalの4人が洞窟に入っていき、ラスコーの宝物を発見した。

壁画については、「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」(毎日新聞社など主催)が、東京・上野の国立科学博物館で来年2月19日まで開かれている。

Google Earthで見ると原っぱであったが、Street Viewで見ると、建設中であった。

「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」の緯度、経度
45° 3'29.30"N 1°10'10.81"E

Les Terrasses de Lascauxの緯度、経度
45° 3'32.44"N 1°10'16.21"E

ラスコーの洞窟(Lascaux, in the Dordogne)のGoogle Earthポインター情報
45°02'57.0"N 1°10'34.0"E
または、
45.049167, 1.176111

2015-04-25---先史時代のアルデーシュ洞窟アートのレプリカ博物館完成!
2014-10-08---洞窟絵画は、芸術の起源に関する考えを変更する。
2009-03-27---洞窟での古代細菌調査が明らかにしたモノ
2001-09-18---スペインのアルタミラ洞窟の壁画はBC1万2,500年頃に描かれた。
1998-12-09---メトポス・ヒルズのジンバブエ洞窟にある絵はBC1万8,000年。
1996-07-00---フランスのピレーネ山脈Le Portalにある洞窟絵画をマドレーヌ文化と規定した。
1996-07-00---フランスのショーベにある洞窟絵画は、約BC3万400年。
1988-10-00---マドレーヌ文化時代を規定した。
1988-10-00---フランスのラスコーの洞窟の洞窟アートがBC1万5,000年頃と規定した。
1988-10-00---BC2万6,000年のイラスト入りビーズ、ボタンなどが発掘された。
1940-09-12---ラスコーの洞窟が発見された。
1912-10-10---フランスのピレーネ山脈で、BC1万2,000年頃のバッファローの彫像が発掘。
1912-07-20---ベグエン伯爵の3人の息子が、氷河期の動物の性生活を描いた洞窟彫刻を発見。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告