2016年11月15日

ミャンマーのモバイル・マネーは進軍ラッパで拡大中!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、モバイル・マネー・プロバイダーのWave Moneyは、Telenorを含む野心的な初公開で、ミャンマーの計画を立てていると報告した。

The Nationによる販売、マーケティング、および配布の会社のヘッドであるビベケ・シリジャン・クローン(Vibeke Siljan Krohn)へのインタビューによれば、
「私達は国中いたるところで4,000ポイントを超える販売によって全国的な流通ネットワークをスタートした。私達は今年末までの約7,000および来年末までに15,000より多くまで成長する。」と言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

支払いの外で払い込み、現金化するための遍在する流通ネットワークを設立することは成功しているモバイル・マネー・サービスを運営するので、活発に見られる。

Telenor Myanmarに加えて、Wave Moneyの他の後援者はFirst Myanmar InvestmentとYoma Bank.である。

それは現在P2Pマネー振替とairtime top-upsを提供し、年末前に請求書支払いと、そして2017年に早く、小売店の支払いを初演する。

会社は、そのスタート以来2ヶ月で約100,000人の顧客を取得した。

それは、ヤンゴン(Yangon)やマンダレー(Mandalay)などの主要な都市でスタートすることによって始まり、それから、国の他の部分に拡張される。

Wave Moneyは、ミャンマーの従来のバンキングで与えられた制限された貫通力で成長する大きい機会を持っている。

会社は、そのアプローチは、理解し、使用しやすい簡単なサービスによって大衆市場である。と言った。

それも登録は直接的にするためにFacebookのようなユーザーフレンドリーなインタフェースを配備している。そして、それは成功の鍵とみなしている。とビベケ・シリジャン・クローンは言った。

TelenorのネットワークによるカバーとYoma Bankの評判は、Wave Moneyの成長の後ろのファクターであり、未来に会社が他の銀行と協力できることを暗示していると伝えている。

モバイル・マネー経験のないKDDIが入り込めるスペースは、消えていた。

日本人のビジネス・スピードでは、発展途上国に追いつけない。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。