2016年11月15日

「きよしこの夜」、最古の印刷を発見!

宗教音楽

毎日新聞は2016年11月16日に、1827〜29年ごろに印刷されたとみられるクリスマスの聖歌「きよしこの夜(Stille Nacht)」が収められた歌詞集がオーストリアの首都ウィーン(Wien)の古書店で見つかり、ザルツブルクの同聖歌の研究団体「きよしこの夜協会(Stille Nacht Gesellschaft/Silent Night Association)」が2016年11月15日に発表した。同聖歌の印刷物では最古としていると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

歌詞集は8ページで2016年06月に発見され、表紙に「四つの美しく、新しいクリスマスの歌(Vier shoeneneue Weinachts - Lieder)」と書かれていた。

「きよしこの夜」は1816年にザルツブルク(Salzburg)近郊の教会の司祭ヨーゼフ・モール(Joseph Mohr)が作詞し、作曲は地元教師のフウランズ・ザウバー・グリュベー(Franz Xaver Gruber)が1818年に曲を付け、その後、全世界に広まった。

きよしこの夜協会では1820年頃にヨーゼフ・モールが書いた楽譜から起こした楽譜が公開されている。

ヨーゼフ・モールが書いた楽譜は、何点か残っているが、印刷された古い楽譜は珍しい。

「きよしこの夜(Stille Nacht)」の作詞はヨゼフ・モールがドイツ語で作詞したのが最初で、英語版は「Silent night」で、作詞はジョン・フリーマン・ヤング(John Freeman Young)、日本語版は、作詞・由木康による「きよしこの夜」である。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告