on-the-time.jp

2016年11月15日

デ・クーニングの作品、72億円で落札。

アート人物

AFPは2016年11月16日に、米国のニューヨーク(New York)で、オランダ出身の芸術家ウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning/1904 - 1997)の作品「無題25(Untitled XXV)」が競売にかけられ、US$6630万(約72億5000万円)で落札された。抽象画家の作品として、また戦後の現代芸術の中でも最も高い落札額となった。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

「無題25」は米国で活動したデ・クーニングによる1977年の作品で、大きさは縦2m、横2.2m。

競売大手クリスティーズ(Christie's)は当初、「無題25」の価値をUS$4000万(約43億8000万円)と予想していた。この作品は10年前にも競売にかけられたが、その時の落札額はUS$2710万(約29億6000万円)で、当時の最高記録だった。

落札者は電話で競売に参加していたが、身元は明らかになっていない。

しかし、以前にも競売に掛けられたということから、アートが好きというより投資だろう。

結局は、金持ちのおもちゃである。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告