on-the-time.jp

2016年11月15日

最高裁判所裁判官は、Brexit投票が『法的な拘束力をもたない』と言った!

政治経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、レディ・ヘール(Lady Hale)は、来月法律の挑戦に対してBrexitに政府の訴えを聞いているであろう最高裁判所裁判官のうちの1人である。

Brexit法律挑戦(the Brexit legal challenge)に対して政府の訴えを聞いている最高裁判所裁判官は、2016年12月の法廷訴訟の前に、EU国民投票は法的な拘束力をもたないと言った!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

レディ・ブレンダ・ヘール(Lady Brenda Hale)は、彼女が近く発表される事件を考えた弁護士クララ・ランパー(Kuala Lumpar)によるスピーチのコメントとして言った。

訴訟のすべての党は、国民投票が法的な拘束力をもたないことを認める。

国民投票結果に続き、政府約束は、事前で6年を再構築されて、どのような国民投票でも「法的な拘束力をもつはずがない」と言ったけれども、むしろ忠告である。

レディ・ヘールは、2016年12月にBrexitに法律の挑戦を聞く最高裁判所の11人の裁判官のうちの1人である。

裁判官のうちのすべては、エグゼクティブと立法機関の間のより広いパワー力学だけでなく、法律のための憲法のヒアリングで重要性のためにその件を聞く予定である。

裁判は、高等裁判所が、法案Article 50を引き起こす前に政府が議会の承認を得なければならないと判決することが正しかったかどうかを考慮する。

先月、高等裁判所は政府に対して支配し、法案Article 50が引き起こされうる前に、発音している議会のanti-Brexit運動家をバックさせた相談をしなければならない。

そのような要件がBrexitを延期したか、またはそれ『難しいBrexit』計画に比べてより柔らかいアプローチに出ているを結果として生じるかもしれないことが予期される。

このケースは、民族の挑戦(the Peoples' Challenge)として知られている『心配した市民(concerned citizens)』のクラウドファンディングされた連立だけでなく投資管理ジナ・ミラー(Gina Miller)により取られた。

12月5日を開始する訴えヒアリングの前でレディ・ヘールが話すことにより、近く発表される訴えが、憲法の法律において弁護士クララ・ランパーは聴衆に「根本的な憲法重要性(fundamental constitutional importance)」のうちの1つとして話した。

彼女は「イギリスがEU(European Union/欧州連合)を去るか、とどまるべきであるかでよく知られている国民投票で、去るを支持する51.8%の大多数であった。しかし、その国民投票は議会で法的な拘束力をもたなかった。」と言った。

政府の実行する翼としてのテレサ・メイ(Theresa May)が議会または司法の干渉なしで法案Article 50を引き起こすパワーを持っていることにおいて、政府の前の防御を参照するレディ・ヘールは「たぶん、政府は私達の法廷で問題が司法判断で決着可能ではないという主張をやめた。」言った。

先月、高等裁判所は政府に対して支配し、法案Article 50が引き起こされうる前に、発音している議会のanti-Brexit運動家をバックさせて相談しなければならない。

そのような要件がBrexitを延期したか、またはそれが『難しいBrexit』計画に比べてより柔らかいアプローチに出ている結果として生じるかもしれないことが予期される。

つまり、国民投票は、判断基準にはなるが、判断の結論にはなりえないということである。
もし、判断の結論なら、政治家も議会も不要になる!

国民投票は、国民としての方向性を示しただけである。

それは、議会政治の根本である。

2016-11-03---Brexitに、法的挑戦は勝った。
2016-10-13---Tescoから、Brexit価格で、ユニリーバのマーマイトとPGチップスが消え始めた。
2016-10-12---イギリス£、急反発!
2016-10-11---Brexitは、US$1.23落ちて、その市場価値はUK £660億になっている。
2016-10-09---EUの住民で18歳の人は、鉄道、飛行機、船、バスの旅行無料!
2016-10-04---イギリスの£、31年ぶり安値。
2016-07-14---ドイツは、ボリス・ジョンソンが新外務秘書官にしたイギリスを笑った!
2016-07-12---世界最大に会社の一つが、Brexitの後、ロンドンから出て行く!?
2016-07-11---数日で首相になるテレサ・メイは、ゴードン・ブラウンを無能と告発。
2016-07-10---セリーナ・ウィリアムズは、ウィンブルドンで勝って、Brexitで3800万円が消えた!
2016-07-04---イングランド銀行は、Brexitの『リスクは結晶しはじめた。』と言った。
2016-07-04---Brexitの指導者UKIPリーダーのナイジェル・ファラージは辞任。
2016-07-03---ドイツはBrexitの後、若いイギリス人に二重国籍を提供しなければならない。
2016-07-01---Brexitの旅行問題。
2016-06-30---スペインのマリアーノ・リジョイ首相は、スコットランドによるEU話を拒否。
2016-06-28---欧州議会、イギリスに「可能な限り早く」EU脱退プロセス開始を要求。
2016-06-27---EU高官は、イギリスがEU離脱手続き取らない可能性を指摘。
2016-06-26---2番目のEU国民投票請願は、320万を通過。
2016-06-26---早速、イギリスのBrexit投票結果で、食品値上げ確実。
2016-06-25---イギリスの国民投票やり直し求める署名100万件超えた。
2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!
2016-06-24---イギリス政府は、S&Pの信用格付けをAAAから落とす。
2016-06-24---イギリスのEU離脱で、シンガポールの両替所に行列!
2016-06-24---Brexitで、アップル株価直撃2.81%落下。トヨタのロンドン市場は、23.68%下落。
2016-06-24---Brexitで、ロンドン証券取引所とドイツ取引所の「合併」?!
2016-06-24---世界中の風刺画家は、EU国民投票結果に反応。
2016-06-24---過去100年で最悪だった総理大臣、さようならキャメロン。
2016-06-24---モルガン・スタンレーは、ロンドンの2000人をダブリンとフランクフルトに移動させる?
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-23---ドイツの大衆紙「Bild」、EU残留なら「66年サッカーW杯のゴール認める」
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-21---EU国民投票2日前の電話投票。どうなるイギリスの身勝手!?
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。