gaYa広告

2016年11月15日

ローマにあるベルニーニ作の有名屋外彫刻、一部破壊!

アート犯罪と裁判

AFPは、イタリアの首都ローマ(Rome)で、バロック芸術の巨匠ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini/1598 - 1680)が手掛けた有名な屋外彫刻「ミネルバ・オベリスク(Elephant and Obelisk)」の一部が何者かに破壊された。地元警察は犯人を特定するため、監視カメラの映像の解析を進めている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

17世紀に制作されたこの作品はパンテオン(Pantheon)近くのミネルバ広場(Piazza della Minerva)にあり、ローマでも有数の公共彫刻。象が背中に記念碑(オベリスク)を乗せて運んでいるデザインの「Obelischi di Roma」で、象の左の牙の先が折られた。破壊は夜間に行われたとみられている。

象の彫刻は、当時のローマ法王アレクサンデル7世(Alexander VII)が、発掘されたばかりの古代エジプトのオベリスクの台座として発注。ベルニーニが制作を監督した。

ローマでは2015年02月にも、暴徒化したオランダのサッカーチーム、フェイエノールト(Feyenoord)のサポーターがスペイン階段(Spanish Steps)にあるベルニーニ作の噴水を壊す事件が起きている。

ミネルバ広場(Piazza della Minerva)の緯度、経度
41° 53′ 53.25″ N, 12° 28′ 38.38″ E
または、
41.898125°, 12.477328°

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告