2016年11月15日

ローマにあるベルニーニ作の有名屋外彫刻、一部破壊!

アート犯罪と裁判

AFPは、イタリアの首都ローマ(Rome)で、バロック芸術の巨匠ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini/1598 - 1680)が手掛けた有名な屋外彫刻「ミネルバ・オベリスク(Elephant and Obelisk)」の一部が何者かに破壊された。地元警察は犯人を特定するため、監視カメラの映像の解析を進めている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

17世紀に制作されたこの作品はパンテオン(Pantheon)近くのミネルバ広場(Piazza della Minerva)にあり、ローマでも有数の公共彫刻。象が背中に記念碑(オベリスク)を乗せて運んでいるデザインの「Obelischi di Roma」で、象の左の牙の先が折られた。破壊は夜間に行われたとみられている。

象の彫刻は、当時のローマ法王アレクサンデル7世(Alexander VII)が、発掘されたばかりの古代エジプトのオベリスクの台座として発注。ベルニーニが制作を監督した。

ローマでは2015年02月にも、暴徒化したオランダのサッカーチーム、フェイエノールト(Feyenoord)のサポーターがスペイン階段(Spanish Steps)にあるベルニーニ作の噴水を壊す事件が起きている。

ミネルバ広場(Piazza della Minerva)の緯度、経度
41° 53′ 53.25″ N, 12° 28′ 38.38″ E
または、
41.898125°, 12.477328°

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告