on-the-time.jp

2016年11月04日

帝人、炭素繊維で目覚めた!

未来

日本経済新聞 電子版は2016年11月04日に、帝人は2016年11月04日に、米国サウスカロライナ州で炭素繊維工場向けの用地を取得したと発表した。

2030年ころまでに最大約600億円を投じる。
炭素繊維の生産能力を最大2倍程度に引き上げる。
炭素繊維は金属と置き換えて、自動車や航空機の軽量化に貢献する素材として需要が拡大する見通しである。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

世界シェア首位の東レや三菱レイヨンも米国では増産投資の方針を示している。
米国生産から撤退していた帝人も新工場を建設し、攻勢にでる。

帝人が今回取得した土地は約180万平方m。
自動車部品メーカーなど産業の集積や物流などのメリットを総合的に判断し、サウスカロライナ州グリーンウッド(Greenwood, South Carolina)に決めた。
まず2019年度をメドに年数千トン規模で生産を始めるとみられる。
2017年度をメドに詳細設計を固める。
需要に応じて段階的に生産能力を引き上げ、30年近傍に1万数千トン規模の工場に拡大したい考えである。

帝人は2013年に炭素繊維の米国生産から撤退したが、航空機や自動車分野での需要増に伴い、国内、ドイツに次ぐ生産拠点が必要だと判断した。
2013年まで稼働していた米国テネシー州の工場は設備を改造して航空機用ブレーキ部品で使う耐炎繊維を生産する工場に転換する手続きを進めている。
同工場は拡張余地が少ないため、炭素繊維生産では別の場所への再進出を検討してきた。

米国では2016年09月13日に、自動車向けの樹脂部品加工を得意とする米国のミシガン州にあるCSP(Continental Structural Plastics/コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス)社を買収することを発表した。米国のCSPはガラス繊維強化樹脂が主力だが、CFRP(炭素繊維強化樹脂)と顧客や加工技術の面で共通項がある。米国のCSPの買収で顧客との関係が強化でき、一段の需要取り込みが期待できると見込んでいる。

炭素繊維市場は国内勢が世界シェアの過半を握る。帝人は東レに次ぐ世界2位である。東レや三菱レイヨンも航空機や自動車、圧力容器関連のメーカーが多い米国で生産設備を増強している。自動車向けでは東レがヨーロッパで加工能力を上げるなど、自動車向けの本格的な開拓に各社が力を入れている。

実は、ここで抜けているのが、炭素繊維をベ−スにした3Dプリンタの融合技術である。

また、形成技術の進化が求められておる。
このような技術に長けているのが、レースカーやボブスレーの開発者であったが、実は、さらに身近に技術者がいる。
それが、サーファーである。サーファーの使っているボードは、よく折れる。それを修理しているのが、サーファー自身で、彼らは特殊な繊維素材に昔から馴染んできた。

とくに、帝人の耐炎繊維は、ロケットになる!

もう金属を使ったロケットの時代は終わる!
さらに、軽量鉄骨が炭素繊維ベ−スに変わる!そして、3Dプリンタでプレハブ住宅を作る時代が来る!

2016-09-16---三菱レイヨンが、炭素繊維車でランボルギーニと提携。
2016-09-13---帝人、炭素繊維市場に再参入!
2016-08-17---東レの炭素素材、宇宙へ!
2015-07-04---プラスチックの飛行機は、未来のフライトか?
2015-06-02---スラウ昆虫内臓の航空機翼コーティング・テスト。
2015-04-03---電気推進翼テクノロジーをテスト!
2015-02-18---科学者は、自然で最も新しい、最も強い素材を発見!
2014-11-18---旅客機の翼表面を変更する形の飛行試験に成功。
2014-11-17---炭素繊維世界一の東レ、ボーイングから1兆円受注。
2014-09-19---3D印刷された動く自動車。
2014-07-09---中国のリモート・センシング用無人飛行機は、30時間飛び続ける記録達成。
2014-06-02---ソーラー・インパルス2は、処女飛行を実施。
2014-04-24---クリスチャン・フォン・ケーニッヒセグは、世界最速の自動車に挑戦。
2014-04-10---地球1周を飛ぶソーラー・インパルス2を発表。
2013-11-25---もっとも単純なクラゲ型航空機。
2013-05-02---世界で最も小さな飛行ロボットは離陸した。
2012-05-22---ロボットの魚が、湾の汚染のためにパトロール!
2011-06-30---米国運輸省は、「飛ぶ車」を承認し、開発できるようになった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト