2016年10月13日

Tescoから、Brexit価格で、ユニリーバのマーマイトとPGチップスが消え始めた。

経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、多くのスーパーマーケットが、ユニリーバ(Unilever)で混乱すると考えている。

テスコは、マーマイト(Marmite)、ボヴリル(Bovril)、PGチップス(PG Tips)など、多くのポピュラーな製品を、£急落で供給業者ユニリーバと価格問題に続いているので、オンラインの店から取り除いた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

多国籍の家財道具巨人ユニリーバは、伝えられるところでは、輸入品のより高いコストをオフセットするために、UKにおいて作られたものを含む製品で10%値上げを要求した。

しかし、テスコは、多く支払うのを断り、その店は、ユニリーバ配達停止の後に、ヘルマンのマヨネーズ(Hellmann’s mayonnaise)、ポットヌードル(Pot Noodle)、およびベン・アンド・ジェリーズアイスクリーム(Ben & Jerry’s ice cream)を、現在スーパーマーケットでの取り扱いを低くしている。

買物客は、昨日テスコのWebサイトからフローラマーガリン(Flora margarine)とサーフ粉石鹸粉(Surf washing powder)のようなアイテムを買おうとし、「残念ながら、これらの製品は一般に入手可能ではない(Sorry, this product is currently not available)」というメッセージを経験した。

それは多くのスーパーマーケットでも同じと考えられる。
また、同様に、論争を批評するのを断ったオランダにあるユニリーバで混乱する。

「難しいBrexit」の見込みは、ユーロとドルに比べてポンドの価値でのドラマチックな落下を引き起こし、価値現在は、1985年以来、ドルに対するその最も低いレベルにある。

6月に、ユニリーバ取締役会長ポール・ポルマン(Unilever chief executive Paul Polman)は、EUの単一の市場を去る票が、消費者のための価格を値上げさせると警告した。

彼は、チャンネル4に、許可票が、乳製品などのアイテムの輸入関税について引き上げるのを意味していると言い、消費者に影響する価格上昇を引き起こした。

「もし疑いなく、イギリスが去ることになっていたなら、まるでそれらが居残るかのように条件は、善ではない。」とポール・ポルマンは、Wall's Magnum ice creamの例を引用して言った。

マーマイトはユニリーバにより中部地方のバートン(Burton)の工場で生産されている。それは2016年前半に約£20億の利益を発表した。

テスコのスポークスウーマンは「インディペンデント」に、「私達は現在多くのユニリーバ製品の入手可能性問題を経験している。私達は、すぐこの問題を解決させることを望む。」と話した。

以前のセインズベリーズのボスジャスティン・キング(Sainsbury’s boss, Justin King)は、店が弱いポンドにより起こされた値上げを吸収することが不可能であると警告した数時間後に、それはまさに来る。

彼は、小売店のマージンはすでに圧搾されている。従って、インプット価格プレッシャーを吸収するために、空きが全然なく、「けれども誰も、カバーを壊す最初になりたくない。どのビジネスも、価格での上昇のためBrexitを非難する最初になりたくない。しかし、一度、誰かがするなら、すべてが苦しんでいるので、会社は、値上げの洪水になる。」コストにおいて現実を通過する必要があると言った。

一般消費商品から、値上げが始まった!
これは、なだれ現象が起こり、誰も止められない。

2016-10-12---イギリス£、急反発!
2016-10-11---Brexitは、US$1.23落ちて、その市場価値はUK £660億になっている。
2016-10-09---EUの住民で18歳の人は、鉄道、飛行機、船、バスの旅行無料!
2016-10-04---イギリスの£、31年ぶり安値。
2016-07-14---ドイツは、ボリス・ジョンソンが新外務秘書官にしたイギリスを笑った!
2016-07-12---世界最大に会社の一つが、Brexitの後、ロンドンから出て行く!?
2016-07-11---数日で首相になるテレサ・メイは、ゴードン・ブラウンを無能と告発。
2016-07-10---セリーナ・ウィリアムズは、ウィンブルドンで勝って、Brexitで3800万円が消えた!
2016-07-04---イングランド銀行は、Brexitの『リスクは結晶しはじめた。』と言った。
2016-07-04---Brexitの指導者UKIPリーダーのナイジェル・ファラージは辞任。
2016-07-03---ドイツはBrexitの後、若いイギリス人に二重国籍を提供しなければならない。
2016-07-01---Brexitの旅行問題。
2016-06-30---スペインのマリアーノ・リジョイ首相は、スコットランドによるEU話を拒否。
2016-06-28---欧州議会、イギリスに「可能な限り早く」EU脱退プロセス開始を要求。
2016-06-27---EU高官は、イギリスがEU離脱手続き取らない可能性を指摘。
2016-06-26---2番目のEU国民投票請願は、320万を通過。
2016-06-26---早速、イギリスのBrexit投票結果で、食品値上げ確実。
2016-06-25---イギリスの国民投票やり直し求める署名100万件超えた。
2016-06-24---イギリスのEU国民投票開票の最新情報は、残留!?
2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!
2016-06-24---イギリス政府は、S&Pの信用格付けをAAAから落とす。
2016-06-24---イギリスのEU離脱で、シンガポールの両替所に行列!
2016-06-24---Brexitで、アップル株価直撃2.81%落下。トヨタのロンドン市場は、23.68%下落。
2016-06-24---Brexitで、ロンドン証券取引所とドイツ取引所の「合併」?!
2016-06-24---世界中の風刺画家は、EU国民投票結果に反応。
2016-06-24---過去100年で最悪だった総理大臣、さようならキャメロン。
2016-06-24---モルガン・スタンレーは、ロンドンの2000人をダブリンとフランクフルトに移動させる?
2016-06-23---イギリス民投票の賭けは、史上最大の政治イベントに !
2016-06-23---ドイツの大衆紙「Bild」、EU残留なら「66年サッカーW杯のゴール認める」
2016-06-21---イギリス議会は、殺害された女性議員を追悼。
2016-06-21---EU国民投票2日前の電話投票。どうなるイギリスの身勝手!?
2016-06-20---イギリスのEU国民投票リーフレットに掲載されたロゴで日産が、起訴!!
2016-06-16---イングランド銀行。イギリスのEU離脱は、£が鋭く下落するかもしれないと警告。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告