2016年10月09日

高価なレアメタルを回避したマグネシウムイオン電池で実用化へ!

未来

日本経済新聞 電子版は、ホンダと競輪とオートレースの補助事業の一つSAITEC(SAitama Industrial TEchnology Center/埼玉県産業技術総合センター/埼玉県川口市)は、世界で初めて高価なレアメタルを回避して、マグネシウムを使い、繰り返し充電できる2次電池の実用化にメドを付けたと報告した。

スマートフォン(スマホ)などに使うリチウムイオン電池より材料コストが大幅に安く、大きさも半分程度になる。リチウムイオンに代わる次世代電池となる可能性もある。まずスマホなど小型電子機器用として、2018年の製品化を目指していると伝えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

SAITECがマグネシウムイオン電池の研究を主導し、埼玉県和光市に本拠を置く本田技術研究所が技術性能を評価する。

寿命や安全性でリチウムイオンと遜色のない水準を維持できる基本データを得た。

複数の電池メーカーと連携し、量産技術の確立を急ぎ、2016年11月に千葉市で開く学会で発表することにしている。

充放電の繰り返しによる劣化を抑えるため、酸化バナジウムを配合した新素材を電池の正極に採用。
マグネシウムを使った負極との間をイオンが行き来しやすくした。

電解液は発火の危険を低減する有機物を加えた。

マグネシウムの調達コストはレアメタル(希少金属)で高価なリチウムの25分の1程度で済む。

電池の容量も大きく小型化しやすい。

大容量化や耐熱性向上が進めばハイブリッド車や電気自動車への搭載も可能になると報告した。

中国やアメリカからの産業スパイ・ハッキングに警戒すべきだろう。

マグネシウムイオン電池バイクも開発して欲しい!

SAITECでは、『中小企業の技術開発を応援』して、切れ味が素晴らしい「さけ武蔵」なども開発している。

日本酒好きの中田ヒデもSAITECで共同開発してみたらどうだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告