2016年09月13日

Facebookは、メッセンジャーによる支払いプランを立ち上げた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、通信製品の会社のVPデイビッド・マーカス(David Marcus)によると、FacebookがMessenger appを経た支払いをテストしていると、Techcrunch Disrupt会議で話したと報告した。

会社によって、開発者は、ユーザーを外部のWEbサイトに送らずに支払い機能をそれらのボットに追加することができる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

このアイデアは、FacebookまたはMessengerに蓄えられたクレジットとデビット・カード(credit and debit cards)を使ってプラットフォームのコマースを早めることである。

トライアルに続き、意図は初公開でMessengerのすべての開発者に対してサービスを提供する。

ソーシャル・ネットワーキング巨人は、他の支払い会社の間でPayPal、ビザ(Visa)、Mastercard、アメリカンエキスプレス(American Express)、PayPalのユニットStripe and Braintreeによって働いている。

本質的に、マーカスは、F8開発イベントで、以前に、彼が、どのようにMessengerがソーシャル・ネットワークの商業と支払いのための乗り物になっているかで作ったコメントの後ろでいくつかを実質に置いた。

会社のボットプラットフォームに34,000人の開発者がいる。

彼はWebサイトをユーザーに案内するそれらの上のボットを使うアプリにずっと高い販売転換比率があると言った。

Facebookは、ユーザーをメッセンジャーに向けるそのnewsfeedで宣伝した売却から収益を作る。

ブルームバーグ(Bloomberg)とのインタビューでマーカスは、ゴールが電子商取引の取引高のカットを取ることではないと強く主張したという。「Facebookのビジネスが広告し、私達が、ビジネスがそれを育てることを手助けできるかどうかを信じる。それは、大きく、私達が現実において中心的に行おうとしているものであり、そこの誰もにより多くの価値がある。」と言った。

アイデアは、newsfeedされたそれらのFacebookを経たボットを発見するために、ユーザーに向き、スタンドアロンのボット店を作成させると、彼は言った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告