2016年09月13日

アップル、iOS10のダウンロードでトラブル!

調査

WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は2016年09月14日に、アップルの「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」の利用者が新しい携帯端末向け基本ソフト「iOS10」をダウンロードしようとしたところ両製品が使えなくなったとの苦情が2016年09月13日に寄せられたと報告した。

アップルの広報担当者は、米国の東部時間2016年09月13日午後1時にiOS10をリリースしてから1時間の間に、「少数のユーザー」の機器に不具合が発生したことを明らかにし、この問題は「直ちに解消された」と説明した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

不具合が起きたユーザーの多くは、無線でiOS10をダウンロードしようとしていた。

アップルは、コンテンツ配信ソフト「iTunes(アイチューンズ)」の最新版が搭載されたコンピュータに携帯端末を接続して、アップデートするよう勧めている。

そんな馬鹿な!iPhoneは携帯電話、iPadはWi-Fiで、ダウンロードするだろう。
なぜなら、その方が通常の操作である。

最近はコンピュータを持っていな人もいる。

相談は0120-993-993まで

今回の問題は、スムーズなユーザー体験を提供することを自負しているアップルにとって痛手であったと言っている。

しかし、昔からアップルを知っている人なら、最新版は少し待て、安定するまでトラブルがあるというのが、アップル・ユーザーの常識だった!

アップルがiOSの最新版の配布でトラブルに陥るのはこれが初めてではない。
2年前にはユーザーがiOS8をダウンロードしたところ、電話が掛けられなくなり、指紋認証センサー「TouchID」も使えなくなったことからダウンロードを一時中止したことがある。

私は、MacのOSXのYosemiteで、マカフィー(McAfee)が邪魔をして、インストールが途中で止まってしまったことがある。

しかし、長くアップルと付き合っていると、解決方法はアップル・サポート・センターに電話をして、みんなでワイワイ解決する。
これは、ユーザーが協力して、解決するという昔からのアップル・ルールである。

最初、女の子が出てきて、解決に協力してくれるが、それでもダメな場合は、スーパーバイザーが一緒に解決してくれる。

以前、Google Earthが、OSを壊した時もOSの再インストールが、「コマンド+R」でできることを教えて貰った!

昔はCDやDVDから立ち上げたが、今は、そのドライブもない!

騒がない!慌てない!

アップルのサービスは、親切である。

相談は0120-993-993まで

2014-10-20---Yosemiteをインストールしかけたら、途中で止まってしまった!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。