gaYa広告

2016年09月13日

帝人、炭素繊維市場に再参入!

未来

日本経済新聞 電子版は2016年09月13日に、帝人はl、これまで大きな買収をしていなかったが経営方針を変えたのか?2016年09月13日に、自動車向け部品を手掛ける米国のCSP(Continental Structural Plastics/コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス)社をUS$8億2500(約840億円)で買収すると発表した。

鈴木純社長は記者会見で「世界で自動車の環境規制が強まり、車体軽量化とコスト削減の需要が増える.」「今後も必要があれば買収はためらわない.」と語ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

鈴木社長「考え方が変わったわけではない。自動車向け材料を強化していくと前々から言っていた。一番シナジーが生み出せる相手を探すなかで、今回いい案件が出てきた。今後の買収は必要があればためらわずにやる」と語った。

CSP社の競争力について、鈴木社長は「シート・モールディング・コンパウンドという技術を使ったGFRP(Glass Fiber Reinforced Plastic/複合材料)などの熱硬化性複合材料を使用した自動車向け部品においては、 北米最大の Tier1メーカーとして、米国の主要な自動車メーカーと強固な関係を構築して、世界シェアの50%以上を占めている。主な納入先はクライスラー、フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)、それから北米トヨタなど。かなりの競争力を持つ会社である。」と語っている。

さらに鈴木社長「炭素繊維市場は拡大していることは間違いない。2013年ごろに世界で6万トンくらいの需要だったのが、2020年には14万トンまで上がると見られている。伸びしろのほとんどは自動車向け。ただし、最近は原油価格が下がって米国の消費者の燃費への意識が薄くなり、重くて燃費の悪い車が買われている。長期的に見ると車体軽量化の流れは必ず来る。2020年に14万トンまで需要が拡大するかどうかは読み切れない。」と言っている。

しかし、市場は自動車だけではない。
今では、ロケットまでが炭素繊維で開発されようとしている。

問題は、繊維の接着マテリアル熱硬化性複合材料の開発だろう。

(1)名称
Continental Structural Plastics Holdings Corporation
(2)所在地
本社・開発拠点:米国ミシガン州 オーバーンヒルズ
(255 Rex Boulevard, Auburn Hills, MI 48326) 生産拠点:米国10拠点、メキシコ2拠点、フランス、中国
(3)代表者の役職・氏名
Chairman and CEO:Frank Macher
(4)事業内容
自動車向け複合材料/部品の設計・成形・加工
(5)資本金(1)

(6)設立年
1969年
(7)大株主及び持株比率
RLSI-CSP Capital Partners, LLC(66.7%(2))ほか

(8)当社と当該会社との関係
当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係、人的関係、
取引関係はありません。

日程
(1)取締役会決議日
2016年08月01日
(2)契約締結日
2016年09月13日
(3)株式譲渡実行
2016年12月(予定)

(注1)当社は、2016年8月1日開催の取締役会において、本譲渡に係る入札に参加する こと、ならびに買収価格の上限および取引最低条件を決議し、株式取得の相手先と交渉 を進めてまいりました。今般、株式取得の相手先と最終取引条件について合意に至った ことから、2016年9月13日、株式譲渡契約を締結いたしました。
(注2)株式譲渡実行は、米国/メキシコの競争法に関する手続きの完了後となります。

2016-08-17---東レの炭素素材、宇宙へ!
2015-07-04---プラスチックの飛行機は、未来のフライトか?
2015-06-02---スラウ昆虫内臓の航空機翼コーティング・テスト。
2015-04-03---電気推進翼テクノロジーをテスト!
2015-02-18---科学者は、自然で最も新しい、最も強い素材を発見!
2014-11-18---旅客機の翼表面を変更する形の飛行試験に成功。
2014-11-17---炭素繊維世界一の東レ、ボーイングから1兆円受注。
2014-09-19---3D印刷された動く自動車。
2014-07-09---中国のリモート・センシング用無人飛行機は、30時間飛び続ける記録達成。
2014-06-02---ソーラー・インパルス2は、処女飛行を実施。
2014-04-24---クリスチャン・フォン・ケーニッヒセグは、世界最速の自動車に挑戦。
2014-04-10---地球1周を飛ぶソーラー・インパルス2を発表。
2013-11-25---もっとも単純なクラゲ型航空機。
2013-05-02---世界で最も小さな飛行ロボットは離陸した。
2012-05-22---ロボットの魚が、湾の汚染のためにパトロール!
2011-06-30---米国運輸省は、「飛ぶ車」を承認し、開発できるようになった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告