2016年09月09日

ヘッドホーンジャック!永遠にさようなら〜

経済

トム・クラジット(Tom Krazit)は、Structure Newsで「マイケル・デルは最後のミラクルをやり遂げられるか?(Can Michael Dell pull off one last miracle?)」を公開した。

私は、マイケル・デルが中学生だった頃、初めてオチものゲームを紹介し、それを見たときは面白かったので、後日マイケル・デルがデル社の社長になった後で、ハドソンでその話をしたことがある。

そして生まれたのが、カトちゃんケンちゃんのオチものゲームであった。

今週、老化企業テク会社がしている大きいギャンブルのうちのいくつかについて話し、シークレットサービスのようにあなたがあなたの情報を保護するべき理由は、ホワイトハウス(White House)を保護し、ランサムウェア(ransomware)はどのようにより悪くなっているかである。

化石燃料の戦い!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

デル(Dell)、HP(Hewlett-Packard/ヒューレットパッカード)、およびインテル(Intel)がテク世界を支配した時には、時間があった。

そのものは、それらの最初のブーム上で、半身テクサイクルの幸福な側でまだそれらを惑わしていなければならない。

それらすべてがまだ生きて、蹴る間、彼らはペースを設定せず、翌年の間、彼らがする動きまたは、第2世代の危険である。

3つの会社すべては、彼らがテクノロジーにした寄与を誇っているのに良い理由を持っている。

しかし、彼らは、テク食物連鎖(tech food chain,)のトップでそれらのランを拡張しようとしているいくつかの問題の決定をした。そして、インテルとHPEは、今週、それらの損失のうちのいくつかを切ると決めた。

インテルは、2011年にUS$76億でそれを取得した後に、インテル・セキュリティ(Intel Security)のコントロール杭を売り、McAfeeforはUS$42億としてunitformerlyな既知で荷下しした。

HPはソフトウェア財産のUS$88億価値分を売り、CEOメグ・ホイットマン(Meg Whitman)は、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)に、「私達の世界の要素が縮んでいる。」と言った。

それは控えめな表現であるかもしれない。

しかし、EMCおよびその系列会社の歴史的なUS$670億獲得/合併が完全なので、セキュリティのインテルおよびHPのギャンブルとソフトウェアは、マイケル・デルが、トライし、去ろうとしているものに比べて青ざめている。

どのようにこの合併が何かの他の方法で終えることができるかをわかることが本当に困難であるけれども、それをますますひどく魅力的にしてる。

次プラットフォームは、どのようにデルがこれを試し、やりとげるかのよい概要を持っている。

インテルは、この新しい世界に特大のインパクトを持っているのに最も良いポジションにあり、その顧客の言うことを聞くより柔軟なビジネス・モデルを抱擁するために、チップデザインについての数十年の正統性と製造を落とした。

HPEは、その神秘的な「マシン」プロジェクト(mysterious "Machine" project)の外で注目せずにはいられない物語を欠く。
Mr. Robot on Amazon Primシーズン1(Season 1)の前に示されたそのセキュリティサービスのための過度にドラマチックな故意でなく、陽気な広告で数週の間に、私が上に鋭い音を立てて、それはその部門を売ったばかりである。

そして、よさの新しいデルテクノロジーで、私達はどのようにそれが行くかをわかるために、1ビット待つ必要があろうとしている。

数十年を横切るコンピューティングにおいて複数の変遷をナビゲートした1握りの会社だけがあり、少なく、それでも、それはそれらの変化の間に繁栄した。

変化のペースがますます速くなるので、それは変わりそうではないと言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。