on-the-time.jp

2016年08月23日

サムスンは、League of LegendsであるからMilkを閉鎖する。

政治経済戦争と平和超過去

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、最初にブライアン・シャフィンのハートは、ミルク酸敗(Milk souring/腐った牛乳)に巻き込まれた外に出る従業員であった。

それは、ブライアン・シャフィンが、この怒号において言う必要があろうとしている唯一の良い物についてである。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

従って、もしあなたが明るく、ほがらかな何かを捜しているなら、あなたは他のどこかでそれを見つける必要がある。

関連性のそのような愚かな妄想を持つために、ブライアン・シャフィンのウィーティーズ(Wheaties)を誰がむかついたか?サムスン。

あなたはMilkを覚えているか?それはサムスン機器独占の音楽ストリーミング・サービスである。

健康なMilkは立ち去る。

それはいわばだめになった。

腐った牛乳にされた。

回されて、当たり前の結果である。

誰もそれを使わなかったので、それのために塊だらけの断片を排水管の下に一度に注いで捨ている。

サムスンが幻覚体験プラットフォームを持っていないので、サムスンは、そうすると考えられる。

それが、どのような他のアンドロイド・メーカーでも、より多いアンドロイド機器を売ることを考えるけれども、それサムスンがしない何かの意味している。何とかして、アンドロイドに加えて駆け出すサービスとインタフェースが、サムスン機器に同じ種類の影響力を与えると思わない。

アップルはiOSによって持っている。
しかし、それはしない。

失敗はより多くの相当会社に起こるはずがない。
サムスンは、これらの妄想それゆえという理由によって、自身を満たす。

ブライアン・シャフィンは、彼らがどこから来るかを知らない。

ブライアン・シャフィンは、誰がそれらを促進するかを知らない。

それは顧客であるはずがない。

誰かが、新しく改造されたいくつかのサムスン機器に止まっている「S Health」を本当に使っているか?
それはある種類のインタフェース・アップデートを得たばかりであるけれども、誰かがそれを本当に使うか?

たぶん、すべてのそれらのMilkユーザー?

私は見苦しい量の人の不幸への喜びをこのようなニュースから引き出す。

それを持ち逃げすることの多くの産業のIPおよびその能力をはぎ取ることのサムスンの長い歴史は、私を激高させる。

会社は、アップルがどこに行き、それから、できる限り迅速にそうなるたらめで、追従的な製品で前に突進することがしたくてたまらない。アップルのスカートを追うのを見る。それはただ私をうんざりさせる。

Milkは、それらの一つである。「我々がそれをよりよくするように、これで動いているZOMG Appleは、革新的なものとして、我々は、それらがそうである一つであためにここでそれを見た。

そして、それのシャッターを閉める。

しかし、それはソニーの真似をして、ソニーより大きく育った松下幸之助の松下電器ビジネスの原動力であった。

そのようなビジネスを罵り、アップルやアップルファンからから見たら、正道ではなく、違法で、邪道であるとかんじるかもしれないが、そのようなビジネスは、正道であり、違法でも邪道でもない。

そのようなビジネスで、売れないものは不要で、下水道に捨てる。

そこに、未練も情熱もない。

なぜなら、もともと拾い上げたものである。

モバイル・マネーでも足を引っ張れば、捨てるだろう。

そういうビジネスを、歴史のないアメリカでは考えられないかもしれないが、何1000年も続いた国家では、当たり前のことである。

アメリカは、正義や愛国心を大きな声で訴えて、多くの若者を殺してきて、最近やっと、それが間違いかもしれないと気がついたところであり、全くの経験不足の国家である。

腐ったミルクに愛情を注ぐなら、腐る前にバターかチーズにすべきだった。

それが文化であり、技術であり、進歩である。

アメリカの文化は、まだ金持ちが全体有利の世界であり、ヨーロッパ人やアジア人が、アメリカの哲学を否定する理由で、若い国から出てきた斬新なアイディアを噛み砕いて栄養にするのは、歴史のあるヨーロッパ人やアジア人である。

若者は食い散らし、ほとんど栄養を得ないで動き回ってエネルギーを消費している。

アメリカ人がゲームでしか知らないことをヨーロッパ人やアジア人は体験し、体内の血として流れている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。