2016年07月20日

新種肉食恐竜の化石発見。

超過去

AFPは2016年07月21日に、約8000万年前の新種の肉食恐竜の化石がアルゼンチンで見つかった。
研究論文が、「巨大な泥棒」として知られる恐竜の仲間だと、発表されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

米国オンライン科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に掲載された論文によると、化石は、白亜紀後期の化石が多数発見されているアルゼンチン・パタゴニア(Patagonia)で発掘され「Murusraptor barrosaensis(学名)」と名付けられた。

A New Megaraptoran Dinosaur (Dinosauria, Theropoda, Megaraptoridae) from the Late Cretaceous of Patagonia
Rodolfo A. Coria,
Philip J. Currie
Published: July 20, 2016
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0157973

今回の発見により、メガラプトル(Megaraptoridae)科の起源について、より解明が進む可能性があると言っている。

これらの恐竜は、二足歩行で移動し、大きな鎌爪を持つのが特徴で、敏しょうで賢く、食欲旺盛なことから、「巨大な泥棒」と呼ばれるようになった。

この恐竜の仲間としては、メガラプトルやオルコラプトル(Orkoraptor)、アエロステオン(Aerosteon)などが良く知られている。一部の化石はオーストラリアや日本でも発見されている。

Murusraptor barrosaensisの化石の一部が見つかったのは、パタゴニア北西部のシエラ・バローサ(Sierra Barrosa)で、研究チームは、「頭骨が完全な形で残されており、これまでに発見されたメガラプトル科の化石の中で最も状態が良いものの一つ」としている。

化石は、幼獣のものとみられるが、メガラプトルよりも大きく細身で、アエロステオンやオルコラプトルと同程度の大きさだったとみられるという。

研究は、アルゼンチン国立科学技術調査委員会(Consejo Nacional de Investigaciones Cientificas y Tecnicas)のロドルフォ・コリア(Rodolfo Coria)とカナダ・アルバータ大学(University of Alberta)フィリップ・キュリー(Phillip Currie)が率いた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告