2016年07月20日

新種肉食恐竜の化石発見。

超過去

AFPは2016年07月21日に、約8000万年前の新種の肉食恐竜の化石がアルゼンチンで見つかった。
研究論文が、「巨大な泥棒」として知られる恐竜の仲間だと、発表されたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

米国オンライン科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に掲載された論文によると、化石は、白亜紀後期の化石が多数発見されているアルゼンチン・パタゴニア(Patagonia)で発掘され「Murusraptor barrosaensis(学名)」と名付けられた。

A New Megaraptoran Dinosaur (Dinosauria, Theropoda, Megaraptoridae) from the Late Cretaceous of Patagonia
Rodolfo A. Coria,
Philip J. Currie
Published: July 20, 2016
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0157973

今回の発見により、メガラプトル(Megaraptoridae)科の起源について、より解明が進む可能性があると言っている。

これらの恐竜は、二足歩行で移動し、大きな鎌爪を持つのが特徴で、敏しょうで賢く、食欲旺盛なことから、「巨大な泥棒」と呼ばれるようになった。

この恐竜の仲間としては、メガラプトルやオルコラプトル(Orkoraptor)、アエロステオン(Aerosteon)などが良く知られている。一部の化石はオーストラリアや日本でも発見されている。

Murusraptor barrosaensisの化石の一部が見つかったのは、パタゴニア北西部のシエラ・バローサ(Sierra Barrosa)で、研究チームは、「頭骨が完全な形で残されており、これまでに発見されたメガラプトル科の化石の中で最も状態が良いものの一つ」としている。

化石は、幼獣のものとみられるが、メガラプトルよりも大きく細身で、アエロステオンやオルコラプトルと同程度の大きさだったとみられるという。

研究は、アルゼンチン国立科学技術調査委員会(Consejo Nacional de Investigaciones Cientificas y Tecnicas)のロドルフォ・コリア(Rodolfo Coria)とカナダ・アルバータ大学(University of Alberta)フィリップ・キュリー(Phillip Currie)が率いた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。