gaYa広告

2016年07月18日

ソフトバンクは、アップルのチップデザイナーARMを買収。

経済

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、アップルのチップデザイナーARMホールディングスは、£243億(約3兆4020億円/約US$321億6000万)で、ソフトバンクにより買われようとしていると報告した。

日本経済新聞 電子版は2016年07月19日に、ソフトバンクグループの孫正義社長がまたもや大勝負に出た。日本企業による海外企業買収で過去最大の規模となる。孫社長を駆り立てたのは、20歳のころから秘めていた野心をいまだ果たせず、という思いだろう、と言っている。

最近のSprintでの苦戦がマグマになって、大きな動きになった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ソフトバンクは、成長「物のインターネット」製品市場で自身を優秀なモバイル・チップデザイナーにし、換金するために取引を用いる間ARMをUKに保持することを計画している。

ソフトバンクが2016年07月18日に、ロンドンで開いたARM買収の記者会見で、 「ティム・クックも、ジェイ・リー(李在鎔)も、ポール・ジェイコブスもみんなARMの大口顧客。そして私の古くからの友人たちだ。それらと利益相反はない」と言っている。つまり、アップル、サムスン電子、そしてクアルコムのことである。

ただし、孫社長は「親しい友人」から、「一挙手一投足をフォローしなければならない相手」に変わったと言っている。

ARMは、アップルのiPhoneとiPadラインナップのために、それがデザインするA-シリーズプロセッサでよく知られて、それは、多くのアンドロイドベースのスマートフォンの中のプロセッサ開発会社でもある。

それは、ニュートン・メッセージ・パッド(Newton MessagePad)のプロセッサを生産するために、ARMとアップルのために成功した取引として、1990年にアップルからの投資によってコンピュータ・メーカーAcornからスピン・オフした。

この取引はソフトバンクにモバイル機器チップ市場の強いポジションを与えて、インターネット・オン機器の可能性が置かれるすべてで成長すると、新しい機会を設定する。

ソフトバンク会長孫正義はFT(Financial Times/フィナンシャル・タイムズ)に話した。

私はBrexitのために、投資をしなかった。

方法論シフトはIoT(internet of things/物のインターネット)である。

それは、使われた人類と製品のうちのすべてのための大きい機会である。

彼のBrexitコメントは、EU(European Union/欧州連合)を去るために、イギリス国民投票票の航跡で英ポンドの急落価値を参照する。

大蔵省のイギリス首相は、その格言を偽った「国民投票決定のちょうど3週後に、それはイギリスが国際的な投資者にその魅力のどれも失わなかったことを示す。」遊んだ。

しかし、誰も、取引に満足であるわけではない。

ARM創立者ヘルマン・ハウザー(Hermann Hauser)は、この取引を「悲しい」と呼び、Brexitに起因した。

「ARMの未来は、イギリス経営陣により決定されたかもしれない」と、彼は言った。

「今や、それは日本で決定される。」

彼の失望がARMの現在の管理によって共有されると仮定することによって、それは、アップルのための機会であるかもしれず他のスーターに、ARMが開いているかもしれない可能性を開く。

もしアップルが、そのA-シリーズチップの上のより多くのコントロールとして、ARMをデザインし、ソフトバンクの手から締め出させたいなら、それは介入し、入札戦争を起こすことができた。

アップルは、先例を2012年にそのAnobitテクノロジー購入によってそれ自身チップを作ることに課した。

イスラエル人ベースの会社は会社の製品のためにアップル社製デザインのストレージチップを建てて、その機器のため、アップルが全体のデザインと製造工程をコントロールしたい優秀な例である。

ヘルマン・ハウザーは、すでにARMの一部ではなく、彼のコメントは現在の管理の感情を反映しないかもしれない。

それでも、アップル所有ARMは、企業内のデザインされたプロセッサを動かしているMacでさえ、チップのためのインテルとたぶん少ない依存を意味しているかもしれないと言っている。

2016-07-05---アップルの異常な異変?!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。