2016年06月20日

世界の難民・避難民6530万人。戦後最多を更新!

戦争と平和

AFPは、UN(United Nation/国連)は2016年06月20日に、紛争などが原因で居住地を追われて国外に逃れた難民や国内で避難民となった人たちの総数が2015年末時点で6530万人に達し、第2次世界大戦(World War II)後の最多記録を更新したと発表した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

これは「世界難民の日(World Refugee Day)」に合わせて公表されたもので、UNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees/国連難民高等弁務官事務所)によると「6000万人を超えたのは初めて」だという。
紛争と迫害が前例のない世界規模の難民・避難民危機に拍車をかけていることが浮き彫りとなった。

2014年末から2015年末の1年間で、580万人が新たに難民・避難民となった。
今や約73億4900万人の世界人口のうち、113人に1人が難民か避難民という計算になる。

UNHCRは、難民・避難民の総数がイギリスやフランスの総人口を超えている事実を指摘し、「これほどの危機は前例がない」との認識を示した。

この数字だけ、元住んでいたところより良い場所に移動しようとしているか、移動中か、移動した!

今のやり方では、毎年新記録だろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。