gaYa広告

2016年06月09日

科学者はミステリー『ホビット(Hobbit)』のありそうな祖先を見つける。

超過去自然

アルジャジーラ(Al Jazeera)とAFPは、インドネシアの島フローレス(Indonesian island of Flores)で発掘された化石は、人類学の最も興味をそそるミステリーのうちの1つを解決できると報告した。

数十万年に日付を戻して書いているインドネシアの島の新しくむき出された化石は、たった今、「ホビット」とニックネームを付けられた小さい人種のミステリーを解決できたところである。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2016年06月08日水曜日の説明で、骨破片と歯の科学者が、消えているホビット種に属しているような古代の川床から取り戻された。

化石は約700,000年前であり、イギリスの科学雑誌ネイチャー(Nature)誌において水曜日に出版された2つの研究によると、ちょうど50,000年前への日付で、オリジナルから遠く後ろのホビット物語を拡張して残留する。

Homo floresiensis-like fossils from the early Middle Pleistocene of Flores
Gerrit D. van den Bergh,
Yousuke Kaifu,
Iwan Kurniawan,
Reiko T. Kono,
Adam Brumm,
Erick Setiyabudi,
Fachroel Aziz
& Michael J. Morwood

Nature 534, 245–248 (09 June 2016) doi:10.1038/nature17999
Received 30 December 2015 Accepted 13 April 2016 Published online 08 June 2016

Palaeoanthropology: The dawn of Homo floresiensis
Aida Gómez-Robles

Nature 534, 188–189 (09 June 2016) doi:10.1038/534188a
Published online 08 June 2016

Age and context of the oldest known hominin fossils from Flores

Adam Brumm,
Gerrit D. van den Bergh,
Michael Storey,
Iwan Kurniawan,
Brent V. Alloway,
Ruly Setiawan,
Erick Setiyabudi,
Rainer Grün,
Mark W. Moore,
Dida Yurnaldi,
Mika R. Puspaningrum,
Unggul P. Wibowo,
Halmi Insani,
Indra Sutisna,
John A. Westgate,
Nick J. G. Pearce,
Mathieu Duval,
Hanneke J. M. Meijer,
Fachroel Aziz,
Thomas Sutikna,
Sander van der Kaars,
Stephanie Flude
& Michael J. Morwood

AffiliationsContributionsCorresponding authors
Nature 534, 249–253 (09 June 2016) doi:10.1038/nature17663
Received 30 December 2015 Accepted 11 March 2016 Published online 08 June 2016

ホモのフロレッシエンシス(floresiensis)として科学者に知られて、ホビットの身長は約106cmであり、小さく、チンパンジーサイズの脳を所有し、以前にフローレス島の洞窟からの化石と石ツールだけから知られていた。

2014年に掘り起こされた新しい化石は、2003年に最初のホビット骨格が発見されて、たぶん約100万年前、ホビットが、ホミニン(hominin)、または早い人の違うまたはより大きい種としてフローレス島に到着したという理論を支える洞窟から、東に約70kmの草原であった。

それから、非常に意外な何かが起こった。

これらの直立していて、ツール振るっている人が縮んだこと、それらがそれらのオリジナルの重量のせいぜい半分と高さであった時の世代の後の世代。

「島小人(island dwarfism)」と呼ぶプロセスは、動物によく知られて、より少ない資源を持つ環境に順応する。
時に、いくつかの種が6も折りたたみを縮ませた。

これは、海から島に上がることよって変換された陸において置き去りにされた後により小さくなっている人の最初のかたい証拠である。

研究のうちの1つで、オーストラリアのクイーンズランドのグリフィス大学での人発展の研究センターの考古学者で、リード作者アダム・ブルマ(Adam Brumm, an archaeologist at the Research Centre of Human Evolution at Griffith University in Queensland, Australia, and lead author of one of the studies)は、「ホビットは本当であった。」と言った。

「私達のもののために別個なのは古代人種であり、それは現在、地上にはもう存在しない。」

発掘のリーダーで、オーストラリアのウロンゴン大学からの古存在論者ゲリット・バン・ベルグ(Gerrit van den Bergh, leader of the excavation and a palaeontologist from Australia's University of Wollongong)は、新しいフローレス化石が、元来、インドネシアの島ジャワ(Indonesian island of Java)ので見つけられたホモエレクトスの化石(Homo erectus fossils)に類似点を持つと言った。

化石は、4人の大人2本の乳歯、顎骨の断片、および火山性の爆発において止まったかもしれない2人の子供からの頭蓋の破片および1人または2人のおとなを含んだ。

顎骨のサイズは、個人が均一である後の方の洞窟が残留するより少し小さいことを示唆した。

「現在、フローレス『ホビット』は、実に、小型化されたホモエレクトスのようである」と、アダム・ブルマは言った。

今や取っておかれえて、研究者が言った1つの理論が、フローレスのホビットが、病気または遺伝の不法行為のため減少した実際現代の人であったということである。

「この発見により、単に、ホモのフロレッシエンシスが病気のヒトであったと信じるどのような疑う人でもきっぱりと抑えられる。」と、ファン・デルベリは言った。

驚きは、600,000年より多く後で島に住んでいるので、それらほど、最近掘り出された見本がまだ全然で、大きくなかったことであった。

共著者で東京の国立科学博物館の科学者海部陽介(co-author Yousuke Kaifu, a scientist at the National Museum of Nature and Science in Tokyo)は、「最初、私がこれらの新しい化石を見た時に、私は呆然とさせられた。」と言った。

彼が、古い、それでもより大きいホモエレクトス、またはいくつかの他のより原始的な種と似ていることが期待されていたと言った。

「私達が見つけたものは、莫大な驚きであった。」
「これは、フロレッシエンシスが、非常に早い期間に、ことによるとすぐ約100万年前それが島に到着したフローレスのその小さいサイズを発展させた極めて古代の種であることを提案する。」と、アダム・ブルマは付け加えた。

インドネシアのスラウェシ(Sulawesi)島のカベンゲ(Cabenge)の発掘場所近くのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
4°21'57.5"S 119°59'09.7"E

インドネシアのジャワ諸島フロレス島(island of Flores)のGoogle Earthポインター情報
8°29'9.85"S,120°35'29.02"E
または、
-8.486069, 120.591394

2016-02-15---インドネシアの「ホビット」は、ホモ・サピエンスではない。
2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2014-10-20---「ホビット」は、人間の歴史を書き直した。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。
1996-09-00---ジャワ諸島フロレス島でBC80万年に初期の人間がいた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。