2016年06月13日

レーザー技術で、カンボジアの失われた都市の詳細を解明。

超過去

AFPは2016年06月13日に、カンボジアのアンコールワット(Angkor Wat)近くのジャングルの下に眠っていたはるか昔の都市について、レーザー技術を使った調査で新たに詳細が判明したと、考古学チームが2016年06月12日にロンドンのRoyal Geographic Society in Londonで全体を2016年06月13日月曜日に発表すると報告した。

世界最大の宗教遺跡群に見え隠れする文明についての理解が進んでいる。

調査は数年前から行われていたが、新たに分かったのは、クメール王朝(Khmer Empire)の都市の広がりと寺院群が誇る規模の大きさであった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

オーストラリア人考古学者のダミアン・エバンス(Damian Evans)によると、調査では、上空からレーザーを用いて調べる技術が用いられた。

国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の世界遺産(World Heritage)に登録されているアンコールワットは、東南アジアで最も重要な遺跡とされ、古くからの謎の一つと考えられている。

アンコールワットは、クメール王朝が政治的にも軍事的にも絶頂期にあった12世紀前半から半ばごろにかけて、スーリヤバルマン2世(Suryavarman II)によって建設された。

産業革命前の都市としては世界最大規模の都市の一つとされる。

だが、クメール王朝については、アンコールワットを中心に、もっと規模の大きいものだった可能性があると、考えられていた。

2012年に行われた調査のデータから、アンコールワットの近くには、寺院都市「マヘンドラパルバタ(Mahendraparvata)」が存在していたことが確認された。

そして、今回分析された2015年の大規模調査の結果を通じて、このスケールの大きい都市の詳細が初めて明らかになった。

ダミアン・エバンスの説明によると、遺跡群を取り囲む都市の大半には、時間と共に朽ちていく木材などが材料として使われていたという。

公表されているスキャンデータには、コンポンチャム(Kompong Svay)のプリヤカーン(Preah Khan)として知られる石の寺院を取り囲む巨大な遺跡群の詳細な地図や生活の基盤となった当時の複雑な水路などがある。

今回のデータによって、マヘンドラパルバタについての理解が深まったため、今後の発掘調査は、より少ない時間でより正確に行えると考えられる。

「私たちは、寺院の位置を何の関連性もなく別々に示しただけの基本的な地図しか持っていなかった。だが今は、都市全体の詳細な道路地図のようになった」と、エバンスはコメントした。

2014-09-23---レーザーは、どのようにアンコールの失われた都市を明らかにしたか。
2013-06-18---空中レーザー照射で、カンボジアの隠れた古代都市を明らかにした。
2012-08-20---カンボジアのアンコールワット古代記念碑修復回復作業。
2012-06-09---1,000年の歴史があるアンコールの寺院は、数年で破壊される危険!?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。