11月20日

子どもの権利条約の日(the Rights of the Child)

教育食品健康

世界こどもの日(Universal Children's Day/ユニバーサルこどもの日)というのが1954年12月14日のresolution 836(IX)総会で、子供の間で世界的な団体と理解のため観察されるように、諸国がユニバーサルこどもの日を設立するように勧めた。
また、その日が、チャーターの理想と世界の子供の福祉を促進することを目的に捧げられる活動として観察される必要があるように勧めた。
その議会により、日付、およびそれぞれが適切であると考える方法の日が観察されることが、政府に示唆された。
11月20日が、1959年に子どもの権利条約の日(the Rights of the Child)となり、および1989年にアセンブリが子供の権利の宣言を採用した日となった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

最も広く批准された国際的な人権条約である会議は、ファミリーライフへの正しいだけでなく教育と遊びまで、暴力から保護されて、差別せず、それらの見方を聞かせるために、正しい生活に健康に含む多くの子供の権利を発表する。

すべての国と領域による会議および共同の努力に基づいて、私達に促進させて、「世界こどもの日」を祝福し、子供、ダイアログと行動を通じて世界の子供のための生活友好的な環境を継続的に増強することになっている。

なぜ、このように似た子供の日が旧共産圏諸国の国際子供の日(International Children's Day)と世界こどもの日(Universal Children's Day/ユニバーサルこどもの日)があるのか、不思議である。

すべての国と領域による会議および共同の努力といいながら、旧共産圏諸国と分離をしている国連の考え方が、理解できない。

大人の子供を餌にした汚さが、感じられる。

0000-11-20---世界こどもの日(Universal Children's Day/ユニバーサルこどもの日)
0000-11-20---子どもの権利条約の日(the Rights of the Child)

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。