gaYa広告

11月20日

世界こどもの日(Universal Children's Day/ユニバーサルこどもの日)

教育食品健康

1954年12月14日のresolution 836(IX)総会で、子供の間で世界的な団体と理解のため観察されるように、諸国がユニバーサルこどもの日を設立するように勧めた。
また、その日が、チャーターの理想と世界の子供の福祉を促進することを目的に捧げられる活動として観察される必要があるように勧めた。
その議会により、日付、およびそれぞれが適切であると考える方法の日が観察されることが、政府に示唆された。
11月20日が、1959年に子どもの権利条約の日(the Rights of the Child)となり、および1989年にアセンブリが子供の権利の宣言を採用した日となった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

最も広く批准された国際的な人権条約である会議は、ファミリーライフへの正しいだけでなく教育と遊びまで、暴力から保護されて、差別せず、それらの見方を聞かせるために、正しい生活に健康に含む多くの子供の権利を発表する。

すべての国と領域による会議および共同の努力に基づいて、私達に促進させて、「世界こどもの日」を祝福し、子供、ダイアログと行動を通じて世界の子供のための生活友好的な環境を継続的に増強することになっている。

なぜ、このように似た子供の日が旧共産圏諸国の国際子供の日(International Children's Day)と世界こどもの日(Universal Children's Day/ユニバーサルこどもの日)があるのか、不思議である。

すべての国と領域による会議および共同の努力といいながら、旧共産圏諸国と分離をしている国連の考え方が、理解できない。

大人の子供を餌にした汚さが、感じられる。

0000-06-01---国際子供の日(International Children's Day)
0000-11-20---子どもの権利条約の日(the Rights of the Child)

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。