on-the-time.jp

2016年05月31日

EU監視機関、新ドラッグ使用の若者は「人間モルモット」と警告。

麻薬とメディア

AFPは、EU(European Union/欧州連合)の薬物監視機関EMCDDA(European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction/欧州薬物・薬物依存監視センター)は2016年05月31日に報告書を発表し、若者たちが、新たに登場している、時に極めて有害なドラッグの「人間モルモット」となっている恐れがあると警告したと報告した。

EMCDDAによると、新たに登場しているより強力なドラッグや、製造技術、オンライン販売の発達により、欧州は薬物問題の深刻化に直面していると伝えている。
EMCDDAでは、560種類以上のNPS(new psychoactive substances/新精神作用物質)を確認したとしており、その大半が大麻か、アンフェタミンやコカインといった覚せい剤の合成物だったと発表した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

EMCDDAでは「若いユーザーは意識しないうちに、こうした物質の人間モルモットとなっている可能性があり、潜在的な健康リスクはほとんど知られていない」と指摘している。
ある合成ドラッグ(デザイナードラッグ)の場合、2011年以降に発生している100件以上の死亡例、200件近い深刻な中毒例との関連が指摘された。

また大麻の合法的な代用品として販売されている一部の合成カンナビノイドは、極めて毒性が高いことが証明されており、2014年以降、欧州だけで13件の死亡例、23件の過剰摂取例と関連していた。
さらに報告書では「エクスタシー」の名称で知られているMDMAの使用が再燃しているとも指摘している。

報告書はオンライン販売によるドラッグの供給も増えている点について触れ、今後かなり拡大する可能性があるとして、政策決定者は対策に取り組む必要があると警告していると報告した。

麻薬は非合法であり、妊娠に対する対応は全くされていないと考えるべきで、特に麻薬中毒になって、妊娠すると非常に危険である。

麻薬をやめれば、安全という保証もない。
麻薬中毒になったら、もう妊娠はあきらめるべきかもしれない。
男も女もその危険性は、同じである。

これが進めば、それこそセックスロボットの必要性と、安全な妊娠おための人工授精の世界になることだろう。

最近、日本でも合成マリファナなどと言って、かなり危険なものが出ている。

2015-12-08---エクスタシーは本当に危険か?すべての質問に答えた。
2015-11-04---世界で最も危険なストリート・ドラッグ・トップ10!
2015-10-19---この男は、LSDを食べた後、Simpsonsを見るのに2日を費やした。
2015-10-13---薬物運転事故で死亡した犠牲者撮影の映像が、視聴回数800万回を突破!
2015-10-02---米国で、最もクレージーなアルコール飲料法を持つ地域。
2015-09-18---1970年代のコカイン広告は捕まらなかった!
2015-09-14---麻薬とナチス。ヒトラーの軍隊はクリスタルメチルアルコールスタイル薬Pervitinを常用。
2015-08-04---この麻薬は、人間を武器化する!
2015-03-18---世界は、麻薬戦争に負けたのか?
2015-03-17---米国のマリファナ開放戦線加速。2016年に5つの州公認。
2015-03-09---アメリカ人が、一日中酒を飲んでいた時代。
2015-02-27---アムステルダムの白いヘロイン売人は『コカイン』と言って売った。
2015-02-24---米国3州目として、アラスカ州で嗜好用マリフアナが合法化!
2015-02-23---マリファナは、以前に考えられたより、安全であるかもしれない。
2015-02-19---インド麻に対する新しいアプローチは、めまいを起こさせる。
2015-02-12---米国マリファナ法が憲法違反であるかどうかにかかわらず、裁判官は考量する。
2015-02-05---アメリカでトップの医者は、マリファナが身体良いと認めた。
2014-12-26---マリファナ研究調査。合法化したコロラドでマリファナ使用が増大。
2014-12-23---L.A裁判官は、マリファナAppを削除した。
2014-12-21---世界で初めて、マリフアナを生産・売買・使用を合法化したウルグアイの初収穫期。
2014-12-18---ネブラスカ州とオクラホマ州は、合法マリファナでコロラドを訴える。
2014-12-16---米国で多くの州が公認すると、10代のマリファナ使用は低下した。
2014-12-02---オランダと麻薬。正気の薬方針から見えるもの。
2014-11-17---世界の麻薬調査。
2014-11-11---マリファナの常用者の脳は小さいが、より速く働く。
2014-04-10---米国で、偽のマリファナ問題の出現。
2011-03-01---マリファナそっくりの効果がある化学物質、米国で禁止!
2006-10-12---アフガニスタンのマリファナは最強のローテク武器。
2006-08-25---若者に向けた反麻薬メディア・キャンペーンの効果レポート。
2006-06-02---麻薬に関して知っているトップ10
2006-03-30---薬と麻薬の狭間と境界線。
2006-02-27---麻薬問題でオランダの法務大臣とマーストリヒト市長が「ラップ」で対決。
2006-02-09---麻薬やたばこに溺れているのは、女子の方が男子より多い。
2006-01-26---10代のマリファナ使用と精神病で、説得力がある結論づけをした。
2005-12-12---米国連邦政府のマリファナ独占に挑戦した教授!
2005-10-10---「セックス」と「麻薬」の実況トークショーを開始した。
2005-09-22---麻薬を使い、性行為して進行する実験トークショーを開始。
2005-08-09---悪い麻薬と無害な麻薬?
2005-07-07---米国で合成麻薬の乱用者1500万人
2005-07-01---世界の麻薬レポートをPDFで公開した。
2005-04-19---米国には5州で合法的に大麻畑が許される法がある。
2005-01-30---New York TImes Magazineが、幻覚剤エクスタシーの開発者を特集。
2005-01-07---2004年米国麻薬戦争トップ10。
1993-08-29---角川春樹社長が麻薬取締法違反で逮捕された。
1980-01-16---ポール・マッカートニーが成田空港で大麻持ち込みにより逮捕。
1977-09-10---井上陽水が大麻取締法違反で逮捕された。
1949-10-18---ヒロポン患者取り締まりを指令。
1938-04-07---初めてドラッグLSDは合成された。
1912-01-23---世界で最初の国際的な薬物条例が調印された。
1840-06-28---アヘン戦争(Opium War)の勃発した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告