1932年05月29日

米国のボーナス要求デモ隊はワシントンに到着。

戦争と平和経済

History Channelは、大恐慌の高さで、退役軍人のボーナス証明書で、現金支払いを求めている1,000人の第一次世界大戦退役軍人(War I veterans)グループいわゆる「ボーナス遠征軍(Bonus Expeditionary Force)」ワシントンD.C.での到着1ヶ月後、必死な金融海峡の失業している他の退役軍人グループは、強い約20,000人までボーナス行進者を膨らまして国家の首都へ、それらの道をほとんど自発的にそれらに加わった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

空の政府建物、およびコロンビア特別区警察チーフペラムD.グラスフォード(District of Columbia Police Chief Pelham D. Glassford)のために、入手可能にされる開いているフィールドにキャンプすることによって、それらは、通過を、担当者ライト・パットマン(Representative Wright Patman)により提出された退役軍人の支払い法案に要求した。

問題の採決を待つ間、退役軍人は、自身を、整然とし、平和な方式で導き、1932年06月15日に、パットマン法案(Patman bill)は下院で通過した。

しかし、2日後に、上院でのその失敗は行進者を激高させた。

その人は、帰宅するのを断った。

ますます張り詰めた状況において、連邦政府は抗議者の家への旅行のためのお金を提供したけれども、2,000人は申し出を断り、抗議し続けた。

1932年07月28日に、ハーバート・フーバー大統領(President Herbert Hooverは、それらを強制的に立ち退かせるために、ダグラス・マッカーサー将軍のコマンドの下の軍隊(the army, under the command of General Douglas MacArthur)を注文した。

マッカーサーはそれらのキャンプに火を付けて、ベテランは都市から追いやられた。

貧しい国家の多くのニーズのために無感覚にますます見られるフーバーは、彼の反応の深刻さについて一般大衆とプレスにより多く批判された。

第一次世界大戦で戦って、勝って帰ってきたら、大恐慌だったというのでは、怒るのは当たり前である。
それは、政治家の責任である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告