on-the-time.jp

2016年04月21日

第2次世界大戦中、日本海軍とイギリス海軍のどちらが強かったか?

戦争と平和

Quoraは、歴史ファンのウイリアム・ベラキー(William Bellamy)はこの問いに答えて、第2次世界大戦の開戦時は、イギリス海軍は最も大きく、世界に最もよく装備されていた。しかし、再構築する米国の軍隊産業のマシンに比べて、能力の戦争損失と不足の間に、そのタイトルをアメリカに譲渡した。

たとえこのポイントまでに、イギリス海軍の海域がどのように取っていても、それらの多くは第1次世界大戦から残されたか、またはいっそう早く高齢化していた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

戦争がいつの間に入り込んだかのように、それは、また、クリアに一度、伝統的な優越および巡洋艦と戦艦について保持したが迅速に侵食されて、航空母艦に取り替えられるようになった。

イギリスにより開拓されたにもかかわらず、それは、スピードと数においてそれらを造船することができた米国に有利であった。

イギリス太平洋群団と旧日本帝国海軍、これらの2つの海軍は比較しづらい。

なぜなら、彼らは、戦争の間に、これまでに、制限された接触が異なっているのを見たからである。

イギリス太平洋群団が設立された時には、太平洋の唯一の重要なイギリス海軍は、1944年まで設立されなかった。

それは1回の集合ごとに最も大きい群団のうちの1つであり、1941-2年に日本の侵攻によってかみつかれたいくつかの他の群団のスクラップの一部に存在した。

これは米国の同時の侵攻のため可能であるだけで、多くの船は、ロイヤル・カナディアン海軍(Royal Canadian Navy)、ロイヤル・オーストラリア海軍(Royal Australian Navy)、およびロイヤル・ニュージーランド海軍(Royal New Zealand Navy)により寄与されていた。

イギリスが環太平洋でのサポートをほとんど持っていなかったので、それはまた、ロジスティクスのサポートのため、アメリカに重く依存し、Uボート攻撃の脅威はそんなに高かった。

これは、特に前のフィリピン基地が米国により拒まれた時に、彼らに機能的な使用をほとんど与えられなかった。

BPF(British Pacific Fleet/ギリス太平洋群団)が操作転落は、日本の本土侵略(the invasion of the Japanese Home Islands)に加わったであろうことは、疑いなく真実であるけれども、核爆弾の落下によって、これは未解決のポイントになった。

アメリカは太平洋をコントロールした。

IJN(Imperial Japanese Majesty/日本帝国海軍)は、第2次世界大の間のアメリカ海軍であったけれども、小さいイギリス海軍であったことで、品質によってより小さい数を補うことをめざした。

しかし、反海軍の力の不足は、迅速で連続した攻撃のそれらの主義は、それらを致命的に重要な穴をそれらの群団に置いていく気にさせた。

戦争早期では、真珠湾で必殺の打撃をアメリカに提供し、浮遊中の間に、資本の船の下で、航空機がキャリアそ取るかもしれないと証明するだけでなく、彼らは東インド洋からイギリスを追いやることができた。

後で、戦争において、進歩が沈滞しはじめると、米国の産業のパワーが威力を出しはじめて、日本は守勢において推進させられた。

その船の大きい釣り合いは、かつての最も大きい海戦レイテ島湾の戦い(Battle of Leyte Gulf)の間に、沈められて、船の不足のためにリーダーシップを補うことを促し、カミカゼの急襲(kamikaze raids)を開始した。

1945年7月までに、沈められない単一の船の残りだけがあった。

戦争の開始時、イギリス海軍が米国および日本の海軍に数でまさっていたけれども摩擦の結果およびイギリス諸島のための大西洋を横切る生命の供給群団に伴うように強制されると、彼らは、自身が、地球を横切って達することができないことを発見した。

戦う中で対比によって、ために日本が高い品質船、および航空機の小さい劇場を持っていた。

しかし、彼らは、戦争において米国に強制することによって、戦争産業に自身がずっと高い能力を敵に上塗りしていることを発見した。

結果は、イギリスおよび日本の海軍が1945年の終わりまでにアメリカ海軍より下位になることであった。

つまり、日本の失敗は、真珠湾攻撃の後、米国本土に侵略し、本土の戦争産業を叩き潰すことができなかったことであり、それが不可能であれば、日本の勝利は、自爆テロ以外に残っていなかったということである。

その証拠に、終戦間近にあの狭い関門海峡だけで、約4,500の爆弾が落とされることは不可能である。
昔から、米国は、後先を考えないで、物量作戦で勝つことが可能であった。

関門海峡のGoogle Earthポインター情報
33°57'2.00"N,130°56'52.68"E
または、
33.950556, 130.947967

2013-08-13---日本は海底で、第2次世界大戦の不発弾を爆破した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告