2016年05月10日

エリザベス女王、中国一行は「とても非礼。」

政治経済人物

AFPは2016年05月11日に、イギリスのエリザベス女王(Queen Elizabeth II)が2016年05月10日に、イギリスを昨年国賓待遇で訪れた中国国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)の一行をめぐり、中国の代表団は非礼極まりないと発言をした様子が偶然カメラに捉えられたと報告した。

女王はロンドン(London)のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で催された園遊会で、習近平夫妻が昨年10月に公式訪問した際に警備を監督した警察幹部のルーシー・ドルシ(Lucy D'Orsi)を紹介されると、「まあ、お気の毒だったわね」と感想を漏らした。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ルーシー・ドルシが「ご存じかどうか分かりませんが、あのときはかなりの試練でした」と述べると、女王は中国の代表団が「大使に対してとても非礼だった」と発言し。ドルシも「とても非礼で配慮に全く欠けていたと思います。」と同意した。

ただ、2人が具体的に一行の誰のことを指して言っていたかは不明であると報告している。

訪問当時、中国の政府や国営メディアは、習近平の訪英は両国関係の黄金期などと持ち上げていた。

一方、イギリスのデービッド・キャメロン(David Cameron)首相は同日、バッキンガム宮殿で行われた別の行事の席で、ナイジェリアとアフガニスタンを「おそらく世界で最も腐敗した国」だと女王に説明したところをカメラに撮影され、物議を醸している。

すみません。中国には宗教はないし、エチケットもないのです。
なんでも欲しいものは、脅して自分のものにしようとします。

でも、昔はイギリスもそうでした。

2016-04-22---米国ではできないが、イギリスでできること13項目。
2016-04-18---イギリスを訪問する人がしてはいけない9つのこと!
2015-08-16---ダイアナ妃衝突の直後、女王は『誰かがブレーキに注油したにちがいない』と言った!
2015-07-10---不味い!フィリップ殿下は、空中戦75周年を下品な言葉で命令。
2015-06-27---エリザベス女王、ドイツが贈った絵に対するコメント。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト