on-the-time.jp

2016年04月21日

キューバの裏ビジネスを提供した男!

戦争と平和経済

アルジャジーラ(Al Jazeera)はに、ラウール/カストロ(Raul Castro)とのミーティングは、中古の商品をキューバに輸出し始めるために、どのように、店オーナーでエルヴィス・プレスリーにファンを送らせたか。

カナダのモントリオールで(Montreal, Canada)、1990年に、キューバのリーダーであるフィデルの兄弟ラウール・カストロ, Fidel's brother)と、彼の最初のミーティングを思い出してダニエル・コーテ(Daniel Cote)は言う。

カラフルな64歳実業家deエルヴィス・プレスリーファン(Elvis Presley fan)の彼は、1976年以来、いるモントリオールのマリアンヌ通り(Marianne Street)とパピノー大通り(Papineau Avenue)のコーナーで居住し、Ameublement Elvisという中古店を所有していた。

しかし、付近の店には、予想外のビジネスを隠す。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

約30年間、ダニエル・コーテが、すべての種類の中古商品をキューバに輸出している。

彼は、どのようにそれが始まったかを覚えている。

「キューバ人は、ビジネスをするために、ボートによってモントリオールに来る」と、彼は言う。

「彼らは、ここに、キューバの葉巻き、砂糖、およびすべての種類の物を売る。」

「彼らはまた、私の店に来、最高30の中古器具に一度に買う。それは、私に、たぶん、キューバが私の商品のための莫大な市場であったと思わせたものである。」

1990年代に ダニエル・コーテはキューバの国際通商展示会に加わった。

米国出入港禁止命令とソビエト連邦の崩壊によって、キューバは安い商品を供給される必要があった。

ダニエル・コーテのタイミングは完全であった。

彼がそこにいた間、キューバの内務省により所有されている輸入輸出会社EMIAT(Empresa Importadora de Abastecimiento Tecnico-Material)の2人の担当者は、彼のホテル部屋ドアをノックする。

それらは、その時キューバ大統領フィデル・カストロの弟ラウール・カストロに会うためであった。

「私はミーティングに通楽を連れて来た。」ダニエル・コーテは覚えている。

「カストロが、私に言った最初の事は、私が彼および彼の国を軽蔑していたことであった。彼は、もし私が彼と取り引きしたいなら、私がスペイン語を学ぶであろうと言った。私は当惑した。」

そして、7の孫がいる祖父は「キューバのカストロと呼ばれるそんなに多くの人々がいて、私は、彼がフィデル・カストロの弟であったというアイデアを全然持っていなかった。」認める:。

しかし、この心地悪い最初の遭遇にもかかわらず、ダニエル・コーテはキュー政府との取引を継続した。

すぐ、けれども、彼が、コンテナ全部出荷し、また国へのバス、軍隊ブーツ、学校家具、および均一な消防車器具は未使用だけであり始めた。

現在、ダニエル・コーテのビジネスの四半期は共産主義国家によって彼の取引から来る。

そして、彼にレッスンを与えた隣人と歌を翻訳することによって彼はスペイン語を学んだ。。

「私がキューバに帰った時に、ラウール・カストロは、私に、スペインの雌牛のように私が話し、私を、口ひげを意味しているelbigoteとニックネームを付けると言った」と、彼は誇らしげに言う。

ダニエル・コーテは言う。

彼はラウール・カストロと、7または8回と会ったけれども、もう会うことがないことを残念に思うと言った。

「私は、数十万人の人々の前で彼がライブのスピーチをするのを見た。」と、彼は言う。

「彼はメモを持っていなかった。彼はすべてをそらで知っていた。」
「ものは彼の方針に食い違っているかもしれないけれども、彼は非常に印象的で、カリスマ的な人であった。彼のスピーチはショーに似ていた。」

中古のオーブンと冷蔵庫の間の店のうしろで、ダニエル・コーテの1人がキューバ人である従業員のうちの2人は、キューバに出荷される電気の自転車を包んでいる。

しかし、ダニエル・コーテは、国との取引をしている彼の日を知っている。

3月に、米国大統領バラク・オバマ(US President Barack Obama)は、島国家への歴史的な訪問の間にキューバの数十年前の貿易出入港禁止命令を解除することを米国議会に求めた。

「米国がその出入港禁止命令を解除する時に、私はキューバで廃業状態である。」とダニエル・コーテは反応する。

「それはライフである。それのまわりで私ができることが何もない。それは、私が、『ハーイ』を言うために、時々[キューバ]によって落伍し続けないのを意味していない。」

裏ビジネスは終わった!」

こうして、ラウール・カストロは西側の世界を知った!

そういえば、中国が鎖国状態であった時、何人かの日本人は、裏ビジネスを展開していた。
その中の何人かを私は知っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告