on-the-time.jp

9月20日

国際ギロチンの日(International Guillotine Day)

犯罪と裁判

フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

また、1977年09月20日に、最後のギロチンがフランスで行われらことから、09月20日に国際ギロチンの日(International Guillotine Day)とも言っている。そのとき処刑されたのは、マルスィユの刑務所Baumettes Prisonで、処刑されたのは、チュニジア系フランス人Hamida Djandoubi(1949 - 1977)であった。

私は、この最後のギロチンが特集された雑誌を知人から見せられたことがある。

0000-04月25日---ギロチンの日(Guillotine Day)

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告