gaYa広告

9月20日

国際ギロチンの日(International Guillotine Day)

犯罪と裁判

フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、1977年09月20日に、最後のギロチンがフランスで行われらことから、09月20日に国際ギロチンの日(International Guillotine Day)とも言っている。そのとき処刑されたのは、マルスィユの刑務所Baumettes Prisonで、処刑されたのは、チュニジア系フランス人Hamida Djandoubi(1949 - 1977)であった。

私は、この最後のギロチンが特集された雑誌を知人から見せられたことがある。

0000-04月25日---ギロチンの日(Guillotine Day)

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。