on-the-time.jp

2016年04月21日

モバイルPoS会社Paylevenの目標開発者を固めた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、MPoS(mobile point-of-sale/モバイルの販売時点)サービスを提供しているヨーロッパで主要会社のうちの1つPaylevenが、それらの届く範囲を広げることをどう試みるかを考えている。

開発者スイートのためのPayleven内には、2つの製品がある。
それはアプリ支払いである。それによって、開発者はスマートフォンまたはタブレットのPaylevenを経たアプリ中購入品を統合することができる。
その重要な機能のうちの1つは、リターン顧客を認めている能力である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2番目の製品はポイント支払い(Point Pay)である。それは、既存のアプリに、APIまたはSDKを経てPaylevenカード・リーダーとのMPoS支払いの統合を許す。

APIは、最初支払いが開始されたアプリから切り換えた後に、Paylevenアプリでの支払い完成を可能にする。
代わりに、SDKのため、開発者は、ネイティブのユーザー経験を維持してエンド・トゥ・エンドのコントロールをそう維持することができる。

Paylevenは、「マルチチャネル支払い(multi-channel payments0」を提供する唯一のMPoSプロバイダであると主張し、それが、販売時点のアプリによって、市場プラットフォームを持つ両方の開発者または中小企業をターゲットとすることを意味している。

1人の早い採用者が、客がチェックインし、自動的にチェックアウトできるように今や支払い額を記録することができるホテルアプリ(hotel app)のConichiであり、フロントで列をそう迂回する。

「モバイルの革命では、ソリューションの間の支払い統合と相互接続性が活発である。
ここは、似た中小企業とアプリ開発者のための唯一のマルチチャネル支払いテクノロジー会社としてPaylevenは、多様なオプションを配達して、私達は、必要に応じて対処している。」と、Payleven共同設立者コンスタンチン・ウォルフ(Payleven co-founder Konstantin Wolff)は言った。

2016-04-04---モバイルPoSは、小口トレーダーから前進。
2015-06-17---Ecobankは、マスターカードのmPoSをアフリカで初公開。
2015-01-02---PLDT、ロケットインターネットは、モバイル支払い活動に寄与。
2014-08-07---PLDTは、ロケット・インターネットの株式US$4億4600万を購入。
2014-06-30---テレコム・イタリアは、法律変更で稼いでいる。
2013-07-23---SumUpは、ローカルトランザクション用「ハブ」になりたい。
2013-07-10---BBVAは、南アメリカでの拡張で、SumUpを支持。
2013-04-17---Paylevenは個人ユーザーにモバイル・クレジットカード処理を開設。
2013-03-14---Intuitは、イギリスでモバイルペンイメントを開始。
2013-02-05---Powaはポルトガル・テレコムとホワイトレーベル取り引きを締結。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。