2016年04月22日

絶滅した「殺し屋」クジラの歯を発見!

超過去

AFPは、オーストラリアの海辺で、絶滅したマッコウクジラ「キラースパームホエール(killer sperm whale)」の巨大な歯の化石が見つかったと報告した。

約500万年前のもので、南北米大陸以外でこのクジラの化石が発見されたのは初めてであったと伝えている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

化石は2016年02月、メルボルン(Melbourne)近郊のビューマリスベイ(Beaumaris Bay)で化石愛好家が発見し、ビクトリア(Victoria)州の3博物館を管轄するミュージアム・ビクトリア(Museum Victoria)に寄贈された。

歯の長さは30cmもあり、ミュージアム・ビクトリアによると、現存するマッコウクジラのものよりも大きい。さらに大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス/Tyrannosaurus rex)の歯をもしのぐ大きさだという。

キラースパームホエールの化石はこれまで、米大陸の西海岸でしか見つかっていなかった。このクジラは最も大型のものだと体長18m、体重40トンに達したとみられるという。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告