on-the-time.jp

2016年04月21日

フィンランドの国営郵便会社、全く新しい収益事業芝刈りサービスを開始。

自然

AFPは2016年04月22日に、フィンランド政府が保有する郵便会社「ポスティ(Posti)」は、従来の郵便物の量が減少していることを受け、全く新しい収益事業を立ち上げると発表した。

その全く新しい収益事業とは、芝刈りであった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ポスティの声明によると、天候が良ければ、郵便量が最も少なくなる毎週火曜日、郵便配達員が芝刈りサービスを提供するという。

「今夏から全国で試験的にこのサービスを始める。芝刈りのアイデアは郵便配達員たちが考え出した。」と同社述べた。

費用は、週に1度、1時間の芝刈りで月額130ユーロ(約1万6000円)になるという。

ポスティは、デジタル化と競争激化の流れの中、料理の宅配サービスなど、さまざまなサービス事業を拡大させている。

北欧の夏は短いため、芝刈りサービスの提供は5月から8月末までの期間限定となる。


日本の郵便も、そろそろ全く新しい収益事業を始めるべきだろう。

いろいろなところにあるので、託児所やデパートのように手芸教室、文化教室などを始めるべきだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。