gaYa広告

2016年04月21日

強力な太陽電気推進システムの開発。

宇宙

NASAは、プロトタイプ13キロワットホール姿勢制御(prototype 13-kilowatt Hall thruster)用ロケットは、クリーブランドのNASAグレン研究センター(NASA's Glenn Research Center in Cleveland)でテストされると報告した。

このプロトタイプは、産業がフライト有資格のシステムに、強力な太陽電気推進(high-power solar electric propulsion)の開発を続けるように必要なテクノロジー準備を示した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

2016年4月19日火曜日に、NASAは、国家の商業用のスペース機能をかなり進めて、NASAのARM(Asteroid Redirect Mission/小惑星リダイレクト任務)のロボットの部分およびその旅を火星に含む深宇宙探検任務を可能にする高度な電気の推進システムをデザインし、開発するために、契約をAero jet Rocketdyne,Inc.に授与した。

これは、50年より多くの間NASAが宇宙飛行電気推進テクノロジーの開発を改良している。1950年代.に、グレン研究センター(Glenn Research Center)で、最初の成功したイオン電気推進姿勢制御(ion electric propulsion thruster)用ロケットが開発された宇宙での電気の推進システムの最初の運用テストは、グレンのスペース電気ロケットテスト1(Glenn's Space Electric Rocket Test 1)であった。

それは1964年07月20日に飛んだ。それ以来、NASAは、長い期間、深宇宙ロボット科学と探検任務のための太陽電気推進にますます頼っていた。

高度な電気の推進システムは、現在の化学推進テクノロジー(chemical propulsion technology)のおよそ10倍、および突っ込み機能の上で、現在の電気推進テクノロジー(current electric propulsion technology)に比べて2倍を超える宇宙飛行交通燃料効率を潜在的に増大できた。

次のステップは、宇宙でこの新しい電気推進システムを示すことである。
このテクノロジーの開発によって、私的な商業用の宇宙任務だけでなく、NASAのARMなど。各種の深宇宙人およびロボット探検任務のための未来宇宙間交通能力が進む。

mage Credit: NASA

Last Updated: April 22, 2016
Editor: Sarah Loff

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。