gaYa広告

2016年04月21日

新しい話題の飲み物「Sober」とは何か?

食品

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、しい話題の飲み物「Sober」は、バーにはなかったものとして受け入れられている。それはジュースに近い。

酒でよう世界ではなく、米国で酒のないイベントで多く楽しまれていると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

マンハッタンの土曜日の午後、レイチェル・フロイト)Rachel Floyd0および彼女のボーイフレンドポール・アイシャム(Paul Isham)は、暗い黄色い液状のMother F*#%in' Fireball呼ばれたものをつかまえる。

26歳臨床心理学大学院生は日の彼女の8番目のショットにいるけれども、彼女はまだ酒気検知器テストに合格できた。

Mother F*#%in' Fireballは、クリスマスのまわりのそれらの両親からシナモンウイスキーティーンエイジャー盗みではない.それは、混合のトウガラシ、ショウガ、およびオレガノオイルから、スパイシーな蹴りを持つオレンジベースの飲み物である。

どんな味か想像できない。

フロイトは、ジュース「Sober」、参加者が3つの種々の店に弾み、「紫色の雨(Purple Rain)」と「Dr Feelgood」のような名前によって2ozプラスチックカップから19を超える風味をサンプリングする毎月のイベントをしている。

それは、酒に溝を掘っているますます多くの若い人々に提供するために主要な米国都市で飛び出た多くの酒なしの活動のうちのちょうど初めてである。

このグループが、常用者を回復することでいっぱいではないけれども、むしろ心配り、スパンデックス、および緑色のジュースを見積もる人々である。

それらの35歳以下で、酒において削減することはもう社会的な自殺を意味していない。

ジュースに加えて、「Sober」デートの記入アプリそんなにポピュラーである。それは一時的に、閉鎖されて、現在まともな日のレイヴ、ノンアルコールのバー、boozelessなディナーがあり、グループ遠出を計画することとスタートされることについてのパーティーおよびまともな社ソーシャル・ネットワークを踊る。

しかし、写真で見る限り、毒々しくて悪魔の飲み物のようである。

とくに味覚門地のアメリカで流行ったものは、どうも心配である。

しかし、若い人の酔っ払いは、自分で思うほどかっこよくない!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。