2016年04月21日

マレーシアの学校は、『お化け』が出るという主張の後に閉鎖。

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月21日に、北マレーシアの学校は、黒いものの目撃例と悲鳴の主張により、閉鎖を強制されたと報告した。

ローカルなメディアはケースを「大量のヒステリー(mass hysteria)」と呼んだそれは、SKM Pengkalan Chepa 2で、1週前始まった超自然現象の経験が先生から報告された後であった。

都市コタ・バル(Kota Bharu)にある学校は、ヒステリーの3回の攻撃に続いて、2016年04月21日木曜日に閉められていた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

校長シティ・マット(Principla Siti Hawa Mat)は、11人の先生と50人の生徒によって水曜日に、ともにすべての苦しんだ攻撃の犠牲者が同じ黒いものを説明したと、言った。

何人かの学生が彼らは、ストレーツタイムズ 水筒、ホール、および教室で、幽霊のようなものを見たと報告されたと言った。

問題を学校から取り除くために当局が、イスラム伝統的エキスパート、学者、および呪術師を採り入れた後に日曜日に1,044人の学生と84人の先生で、ケランタン(Kelantan)で学校が再開された。

新聞Free Malaysia Todayによると、しかし、絶叫を叫ぶことのリポートは続いた。

学校の先生ノルライアワティ・ラムリ(Norlailawati Ramli)は、ローカルニュースチャンネルAstro Awaniに、「私が生徒のうちの1人を押さえていた時には、私の腕は異常に重い感触をしていた。」と話した。

「私は[アラーから]Istighfar[捜索許し]を暗唱した。物はその時本当にコントロール不能状態であった。しかし、生徒が回復し、家に帰った後に、私は、その時、誰かが私の体の左側に固執していたように感じた。私は黒いもののように黒のフラッシュを見た。」と、彼女は付け加えた。

別の先生カマリア・イブラヒム(Kamariah Ibrahim)は、彼女が自身のコントロールを失うことに気がついた時に、彼女がクルアーンからの詩句を暗唱しようとすると言った。

「私は黒いものを見て、それのように私を入力しようとしていたけれども、私の同僚は、クルアーンから詩句を暗唱して私を取り囲んでいた。

私は頭が欲しく 膨らんだ 、私は無感覚であると感じて、涙は私の顔の下で注ぎ続けていた。」と、彼女の発言のように引用された。

「私は、何度も何度も、その時、約1時間の後により軽いと感じるように [クルアーンからの詩句] は、私の頭でAyatul Kursiを静かに開始し、暗唱した。」

2012年に、WHO(World Health Organisation/世界健康組織)は、アフガニスタンの女の子の学校で害することの爆発が、より、タリバンプロットと対比されるように大量のヒステリーにありそうであると言った。

1962にのTangangyika笑い流行は大量のヒステリーの突発のせいにされた。
継続的な笑いは学校の閉鎖によって終わったけれども、近くにあった村の学校は、伝えられるところでは影響された。それが始まった数ヶ月後に、結局それがやんだ。

フィリピンの学生は、また2013年に悪い気分によって高校クラスが中断されたと主張した。

東南アジアには、まだお化けがいるようである。
そういえば、日本の学校でも、トイレにお化けが出るという噂があった。
トイレが清潔になり、そのような噂が急速に減った。

しかし、今も日本のテレビ局が、番組を作っている。

何かが取り憑くという話は、田舎に行くと今でも残っているところがある。
あれは何なのだろう?科学的でないことは理解できない。

都市コタ・バル(Kota Bharu)の緯度、経度
6°08'00.0"N 102°15'00.0"E
または、
6.133333, 102.25

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告