on-the-time.jp

2016年04月21日

5000年前のミイラ「アイスマン」、3Dプリンターで復元。

超過去

AFPは、アルプス(Alps)の氷河で25年前に発見された約5000年前の男性のミイラ「エッツィー(Ötzi/Oetzi)」(通称アイスマン、Iceman)の等身大の復元が、3Dプリンターで作製されたと報告した。

エッツィーが保管されている、イタリア北部ボルツァーノ(Bolzano)の南チロル考古学博物館(South Tyrol Museum of Archeology)によると、既存のCTスキャンデータを基に樹脂で複製を作り、米国人アーティストのゲーリー・スターブ(Gary Staab)が数か月かけてそれに彫刻と塗装を施した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

復元については、「CTスキャンで読み取れなかった手の復元が難しかった」と伝えている。

複製は3体作られ、そのうちの1体は北米で巡回展示され、他の2体は、教材として使用される予定になっている。

考古学界を熱狂させたエッツィーは1991年09月、名前の由来にもなったアルプスのエッツ渓谷(Oetztal Alps)でハイカーによって発見された。

おのや背負い袋などの他、胃の内容物やDNA、61か所の入れ墨なども見つかり、当時の日常生活を垣間見る非常に貴重な機会となった。

エッツィーは弓矢で射られて死んだと考えられている。
推定年齢は45歳。身長160cm、体重50kg、目は茶色で、乳糖不耐症を患っていたとみられるという。

南チロル考古学博物館(Museo Archeologico Dell'Alto Adige - Museo/South Tyrol Museum of Archaeology)のGoogle Earthポインター情報
46°29'59.75"N,11°20'58.24"E
または、
46.499931, 11.349511

Umhausen/ÖtztalのGoogle Earthポインター情報
47° 4'60.00"N,10°55'0.00"E
または、
47.083333, 10.916667

2012-02-28---イタリアのアルプスで発見されたアイスマンを核ゲノム分析!
2011-03-01---「アイスマン」発見20周年で、復元模型が展示された。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告