gaYa広告

2016年04月21日

5000年前のミイラ「アイスマン」、3Dプリンターで復元。

超過去

AFPは、アルプス(Alps)の氷河で25年前に発見された約5000年前の男性のミイラ「エッツィー(Ötzi/Oetzi)」(通称アイスマン、Iceman)の等身大の復元が、3Dプリンターで作製されたと報告した。

エッツィーが保管されている、イタリア北部ボルツァーノ(Bolzano)の南チロル考古学博物館(South Tyrol Museum of Archeology)によると、既存のCTスキャンデータを基に樹脂で複製を作り、米国人アーティストのゲーリー・スターブ(Gary Staab)が数か月かけてそれに彫刻と塗装を施した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

復元については、「CTスキャンで読み取れなかった手の復元が難しかった」と伝えている。

複製は3体作られ、そのうちの1体は北米で巡回展示され、他の2体は、教材として使用される予定になっている。

考古学界を熱狂させたエッツィーは1991年09月、名前の由来にもなったアルプスのエッツ渓谷(Oetztal Alps)でハイカーによって発見された。

おのや背負い袋などの他、胃の内容物やDNA、61か所の入れ墨なども見つかり、当時の日常生活を垣間見る非常に貴重な機会となった。

エッツィーは弓矢で射られて死んだと考えられている。
推定年齢は45歳。身長160cm、体重50kg、目は茶色で、乳糖不耐症を患っていたとみられるという。

南チロル考古学博物館(Museo Archeologico Dell'Alto Adige - Museo/South Tyrol Museum of Archaeology)のGoogle Earthポインター情報
46°29'59.75"N,11°20'58.24"E
または、
46.499931, 11.349511

Umhausen/ÖtztalのGoogle Earthポインター情報
47° 4'60.00"N,10°55'0.00"E
または、
47.083333, 10.916667

2012-02-28---イタリアのアルプスで発見されたアイスマンを核ゲノム分析!
2011-03-01---「アイスマン」発見20周年で、復元模型が展示された。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。