2016年04月21日

NASAの次のロケットのために準備して築いている設備。

宇宙

NASAは、フロリダのNASAのケネディ宇宙センター(NASA’s Kennedy Space Center in Florida)の車両組立ビルディングの中の高層ベイ3(High Bay 3)の下からの眺め、NASAのSLS(Space Launch System/宇宙打ち上げシステム)ロケットのためにインストールされた3つの仕事場プラットフォームを示す。
下のプラットフォームはK-レベル仕事場プラットフォーム(K-level work platforms)である。
J-レベル仕事プラットフォーム(J-level work platforms)がそれらの上にある。
クレーンがフロアの約112フィート上のインストールのために、J-レベル・プラットフォーム(J-level platforms)の後半、または約11のストーリーを高く下げている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

新しくインストールされたプラットフォームは、SLSロケットとオリオン宇宙船へのアクセスを取り囲み、探検任務1( Exploration Mission 1)に提供する仕事プラットフォームの10レベルの2番目を完成する。
グラウンドシステム開発と操作プログラムは、火星にNASAの旅の準備をするために、新しい仕事プラットフォームのインストールを含むVAB高層ベイ3(VAB High Bay 3)にアップグレードと部分修正を監督している。

Image Credit: NASA/Dimitri Gerondidakis

Last Updated: April 21, 2016
Editor: Sarah Loff

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。