on-the-time.jp

4月19日

乗馬許可の日。

スポーツ戦争と平和

日本では馬に乗る技術を馬術と呼び、その馬術は長い間武芸の一つとされていたので、乗馬を認められているのは武士に限られていた。

しかし、武士中心だった江戸幕府から明治政府にかわり、明治4(1871)年04月19日に、庶民にも乗馬が許可された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

日本では、昔から馬肉を食うが、欧米人には考えられないことである。

2016-01-03---キルギスで、ソーセージを「馬のペニス」にたとえたイギリス人逮捕!
2013-12-14---米国の裁判所は,馬の虐殺を解禁。
2013-08-12---米国の裁判官は、クローンを受理するように種馬グループに命じた。
2013-02-25---馬肉が、チェコ共和国のイケア・ミートボールで見つかった。
2013-02-11---馬肉スキャンダルで、ルーマニアは非難を否定する。
2013-02-09---バーガー馬肉混入スキャンダル!
2010-01-04---馬は、いつ肉から、家畜になったか!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告