gaYa広告

4月19日

地図の日

観光人物

伊能忠敬(Tadataka Ino/1745 - 1818)は、1794年(寛政6年)12月に、50歳で隠居し、江戸幕府の天文方であった高橋至時に師事し、測量・天文観測などを修め56歳になって、1800年(寛政12年)閏4月19日に、忠敬が私財を投じて第1次測量を蝦夷地とその往復の北関東、東北地方で開始したことを記念した日。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした。

伊能忠敬の地図「大日本沿海実測全図」を文政4年に幕府へ献上したが、伊能忠敬はすでに1818年05月17日に死去していたので、仕上げ作業を担当したのは高橋至時の息子高橋景保が献上した。

伊能忠敬は、通称は三郎右衛門、勘解由で、字は子斉、号は東河であった。

シーボルト(Philipp Franz von Siebold/Philipp Franz Jonkher van Siebold/1796 - 1866)は、禁制品の伊能忠敬の地図を持っていることが発覚し、幕府が出島に霊閉し、国外退去を命じた。これに関係した高橋景保らも処罰された。

1829-09-25---幕府がシーボルトを出島に霊閉し、国外退去を命じた。
1821-09-04---伊能忠敬の地図「大日本沿海実測全図」を文政4年に幕府へ献上した。
1818-04-13---伊能忠敬が死去した。
1745-02-11---伊能忠敬が生まれた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。