gaYa広告

4月19日

古川祭

音楽宗教観光

古川祭は毎年04月19日・20日に開催される岐阜県飛騨市古川町の気多若宮神社の例祭である。起し太鼓の勇壮さと絢爛豪華な屋台、日本三大裸祭りの1つに数えられていて「起し太鼓」と「屋台行列」が、1980年(昭和55年)01月28日に「古川祭の起し太鼓・屋台行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

神幸行列の獅子(宮本)と屋台の獅子(神楽)の2種類があり、神幸行列と屋台巡行それぞれの露払いとして、各家々で獅子舞を舞い門付けして歩く。

地元の人々が「一年で一番大切な日」というほどで、毎年多くの観光客が訪れている。

起源は定かではないが、文献に最初に登場するのは屋台が1776年(安永5年)、起し太鼓が1831年(天保2年)である。
昔の古川祭は、旧暦の8月6日(太陽暦の9月上、中旬頃)に開催されていたが、1886年8月に疫病が流行し、例祭ができなくなったことから11月に変更された。
また1887年(明治20年)より春祭へと変更し、4月16日、17日にしたが、1889年(明治22年)より現在の日程となった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告