on-the-time.jp

2016年04月21日

エリザベス女王90回目の誕生日。

人物

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月17日に、エリザベス2世女王(Elizabeth II/Elizabeth Alexandra Mary)が2016年04月21日に、90回目の誕生日を迎えるので、2015年09月08日に公開した「The biggest myth about the Queen? Her contribution to the British economy(女王についての最も大きい神話?英国の経済への彼女の寄与)」を公開した。

最近の研究は経済への君主政治の最新の寄与を£11億5500万と見積もったけれども、カウンター研究は、王室が納税者£3億4400万についてコストを見積もると主張する。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

誰か、天皇の日本における経済的価値を計算できるだろうか?
きっと、右翼と左翼に襲われることだろう。

女王が、イギリスの最も長く君臨する君主になる新しいマイルストーンに達すると、もう一度イギリス経済への彼女の価値の問題が上げられた。

ブランド財政による新鮮な研究によると、君主政治の価値は、£567億と見積もられている。この数値は、クラウン地所などの有形資産の価値、コーンウォル(Cornwall)とランカスター(Lancaster)と公国の装飾品(Crown Jewels)を含んでいる。

それらの研究によると、これらの有形資産が取り除かれる時に、イギリスの経済への君主政治の全体の価値は、2015年のために、£11億5500万であると見積もられている。

この数値は、王室保証を運んでいるブランドから、君主グラント、クラウン地所により生成された過剰などの収入のソースを背景とした宮殿のセキュリティに使われた数百万、メンテナンス、観光旅行での高揚、価格プレミアムなどのコストからの網作りにより計算された。

しかし、ブランド財政によって、収入の£1億5200万が「ケイト効果」に起因している。それは、「作り上げる高揚、および身に着けられているか、使ったか、または違った形で裏書きする他のブランド」と評される。
同様に、£1億100万が「ジョージ効果」と「シャーロット効果」が£7600万に帰されている一方、£1億1400万の合計が「PRの評価価格」として故意であった。ブランド財政は、まだ、どのようにこれらの数値が総売上高から見積もられていたかに反応していなかった。

君主政治のサポーターおよびイギリスへのその価値は、しばしば、王室がお金に引っ張るエリアとして観光旅行の例を使う。
観光収入が君主政治に接続させて、その遺産が2015年のための£5億3500万と見積もられた財政の計算ショーを焼き付ける。

しかし、イギリスの観光旅行組織VisitBritainは、国際的な観光旅行が、イギリスの3番目に大きいサービス輸出として、イギリスの価値£262億への帰航の観光旅行を持つ間、その数値のうちのほんのいくらかがイギリスの君主と遺産との接続によってアトラクションとイベントに帰されうると述べる。

正確な数値は観光収入の王室の寄与で全然正確に測定されえないけれども、これらは、ケンブリッジ公爵と公爵夫人が結婚したロンドン塔、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院などのサイトである。

「王室を持っている間、世界中で、イギリスの私達のために巨大な量のグローバルな記事および自由な広告を取ってくる。どれが測り知れないほど貴重であるかは、私達が与えることができるものではない。それのための正確な経済数値を与える。」と、VisitBritainの通信、戦略のディレクターであるパトリシア・イエーツ(Patricia Yates, director of strategy and communications at VisitBritain)は言った。

君主政治の廃止を要求するキャンペーングループ共和国(Campaign group Republic, which calls for the abolition of the monarchy)は、それが年自身の研究ショーで、イギリスの君主政治コスト£3億3400万であると主張し、個々の「労働王室」は、1つの断片あたり£1850万かかる。

共和国は、国家のための君主として、彼女の治世の間の女王のため、それが、管理されて、所有されないプロパティ投資乗り物であることとしての財源としてクラウン地所から過剰の含有を拒絶する。

それは、代わりに、ランカスター公国の私的な地所により招かれた君主グラント、ローカルな協議会へのコスト、セキュリティからのコストと損失とコーンウォルを含む多くのソースからのコストが、£3億3390万になっていると主張する。

「そこに提案する少しの証拠もない王室にどのような経済の利点でもある。」
「言及されたどのような利点でも、国家に付属している資産の一項目からである。観光の名所のように、もし君主政治が廃止されるならば、どれがまだ国家に属しているであろうか。」と、共和国取締役会長グレアム・スミス(Republic chief executive Graham Smith)は言った。

2015-09-09---エリザベスII女王の最大の神話?イギリス経済への彼女の寄与。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。